【初心者ドラマーの走る問題解決策】一人で叩いている意識は捨てよう♪

Pocket

アマチュアバンドのみなさん「あるある」

どんどんドラマーが走って行く。。。

多いですねー

p1050495

走るパターンは大体こんな感じ。

・フィルを入れる度に、どんどん早くなっていった。

・演奏をミスって止めちゃって、そこから演奏に戻ったら早くなった。

・そもそもカウントから早かった。

そしてテンポのキープが出来ないと、何故か「リズム感が悪い」って議論になります。

そもそもリズム感って何でしょう?

個人的には、いわゆる「リズム感」がより「グルーヴ感」の方が大事だと思うんですけど。。。。

とまあ、ちょっと話を戻します。

では私からのアドバイス。参考にしてねー


まずは

「ドラマーだけがリズムの軸ではない」

あなたの演奏やバンドのテンポ、全てドラマーに任せてませんか?

先ずはヴォーカルが走らないことも大切。

フロントマンがドラマーに責任を擦り付けるとビールが不味くなります!

それとフィルにあんまりこだわらない。

出来ないなら、簡単にアレンジして演奏を止めない事の方が大事です。

プロのドラマーも間違えます。

スティックだって落とします。

でも皆さんと違うのは「音楽を止めない」という意識です。

まずは「100%与えられた譜面通りに叩くより、楽しく最後まで叩き切る」事から始めてみましょう。

もし、お知り合いに上手なドラマーの方がいらっしゃいましたら、きっと易しくアレンジしてくれます。

「お金なんか要らないよー」とか言うと思いますので、せめてファミレスでステーキでも奢って上げて下さいw


次はカウントです。

カウントを出す時から演奏は始まっています。

ドラマーひとりのカウントに不安があるなら、バンドのみんなでカウントを出してみましょう。

全員が難しいなら、ヴォーカルの方とドラマーだけで合わせても結構違いますよ。

そもそも何か音楽に合わせてラフに踊る時に、無意識で走ったりしないでしょ?

盆踊りで走っている人ってあんまり居ない気がします。

(ダッシュしているちびっ子は別w)


と言う事で、初心者ドラマーの走る問題解決策。

一人で叩いている意識は捨てましょう。

そしてバンドみんなでテンポを刻んで楽しもう。

これだけで、きっとあなたのバンドの人間関係とビールの味が改善される筈です〜♪

みなさん、今日も楽しくアンサンブルしてくださいね!

ページ下に表示されている関連記事も、是非ご覧ください♪

nude新ロゴだけ
整体ロゴ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。