【まるで映画のサウンドトラック!】KILLING FLOORのライブにお邪魔しました♪

Pocket

killing_floor_440

先日、下北沢440にて行なわれたKILLING FLOORのライブにお邪魔しました。

 
前回はテックでお手伝い。
でもリハでガッツリ作った後に別の現場に移動しなければならず、まさかの本番見れない生殺し状態w

 

今回は純粋に「お客さん」として遊びに行きました!
う、嬉しい!!!
KILLING FLLORが奏でる音楽は、さながらまるで映画のサウンドトラックの様です。

福島ピート幹夫(Sax) 、関口新一郎(Tp) 、佐藤綾音(Sax)の3本の管楽器と、中里敦(Ds)、竹ノ家智美(Perc) 、伊藤大地(Perc-Ds)の3人の打楽器、そこにウッディ・モジャが自在に操るチャップマン・スティックのサウンドがグルーヴの骨と彩りを添え、独自の世界観を展開致します。

(呼び捨てで書いてごめんね!)

と、簡単にご紹介しましたが、単純に
「とにかくカッコ良くって楽しい!」
です。

時にギターのリフの様に、時に激しく吠えるように、時にメロウに響く3本の管楽器。
killinghorns

まるで一人で叩いているかの様な息の合ったグルーヴから、見どころ満載の激しい三つ巴のソロ合戦まで繰り広げる3人の打楽器隊。

img_5453

そんな中、ただ一人の弦楽器としてボトムから美しいコードワークまで自在に行き交うチャップマンスティック!

img_5444

もう、楽しくない訳はございません。

ぜひこちらのオフィシャルサイトもご覧下さい!

= KILLING FLOOR オフシャルサイト =
ドラムの中里あっちゃんとは、20代の頃にブルースバンドを一緒にやってました。
福島さんもその頃からのお付き合い。
TPの関さんも、KILLINGの前のバンドからのお知り合い
スティックのモジャさんも、NUDE CABLE使って頂いてます。

みなさん、いつも有難う!

→モジャさんのスティックを整体した時のエントリーがこちらです。←
是非ご一読ください〜
久々の「お客さん」としてのライブ。
ビール飲みながら演奏を聴くのも超久しぶり(涙)

つくづく
「音楽って素晴らしい〜!」
と感じました。
皆様も機会がございましたら是非KILLING FLOORのライブにお越し下さい。

でもみんな忙しくって、年に3回しかやらないのでご注意下さいね(笑)

それでは今日も素晴らしい音楽の出会いがありますように!

nude新ロゴだけ
整体ロゴ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。