追悼 Queen of Soul “アレサ・フランクリン”

Pocket

偉大なるミュージシャンがまた一人、地上から離れ、星になりました。

私が初めて動くアレサを見たのはティーンエイジャーの時。

映画館で見たブルース・ブラザーズでした。

ああ、旦那役のマット・マーフィーと会えたかな。

Youtubeなどあるわけもない35年以上前、

それまでレコードやラジオから流れる歌しか知りませんでした。

もちろんすごいなぁと思ってはいました。

でも、映画館で見たこのシーンは衝撃でした。

(というか、この映画は十代の自分には衝撃の塊でしたけど。。。)

そして自分も齢を重ね、実際にお客さんを前にしてステージに立つようになると、

改めてその凄さに圧倒されるようになりました。

常にある一線を超えてパフォーマンスする。

常にソウルを解き放ち、自身の声で人々に福音を届ける。

それがどれだけ凄いことか。

考えてしまうと、自分だったら怖くって超えられません。

ステージに立つ全てのミュージシャンは、今一度、彼女の声に心を傾け、

そして心を開いて、無心で音楽に包まれてください。

こちらの素晴らしい動画も、ぜひ今一度ご覧ください。

改めて、哀悼の意を表させて頂きます。

有難うございました。

そしてこれからもあなたの音楽が、たくさんの人々に幸せを導きますように。

整体ロゴ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。