最近人気のベースアンプ【PUMA 500 by TecAmp】セッティングはここから始めよう♪

Pocket

昨日は最近売れっ子のベーシスト、萩原みのりちゃんのサウンドメイキングでした!

基本的にには足元まわりのご相談だったので、臨時アシスタントのカネちゃんもご同伴です。

全体像を掴んだ後、ベース本体の整体はもちろん、機材関係のセットアップを諸々見直しました!

もちろん激変。

最後はみのりちゃんの右手も歌いまくってました〜

ちなみにですが、彼女が最近ご愛用のアンプがこちら!

大きさはA4サイズ。重さは何と1.35Kg。

で、一緒にセッティングのコツを見つけましたので、

せっかくなので皆様にも共有しちゃいます!


話題の軽量ベースアンプ【TecAmp PUMA500】 音作りはここから始めよう!

ってことで、図にしてみました〜

まずは以下の順序でセッティングをしてみましょう。

  1. 全てのツマミを左に振り切っちゃいます。
  2. マスターVo.を3時の位置まで上げます。
  3. トーンのつまみを全て10時にセットします。
  4. ゲインをゆっくりと上げ、3時くらいのところでいい塩梅を見つけます。
  5. TASTEのつまみをゆっくりと上げていきます。

この状態をまずは基準に、お好みに合わせて各つまみをグリグリして見てください♪

この状態でピックアップのセッティングが決まっていないと、

「ローが暴れてハイが見えない」状態になります。

その他にも、この状態で音が???だったら、リペアマンやテクニシャンの方に相談してみましょう。


軽量でハイパワーなPUMA500、

とってもオススメのアンプです。

これにNUDE CABLEのクラスD対策アイテムを組み合わせれば。。。。。

と、宣伝しちゃったりします(≧∇≦)

出張楽器整体の際に時間が余ったら、無料でプチ音作りアドバイスも行なっております。

いろいろお悩みの方は、ぜひお気軽にお声掛けください!

では!!!

整体ロゴ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。