ドラム,ドラマー

スタジオでのバンド練習法

【DOWN BEAT】一拍目、英語で言えばわかり易い☆

今日は今までの記事のおさらいですよ〜「演奏で大切なのはまず一拍目」このブログの読者の方なら、もうだいぶ意識しているでしょう。でもいざ身体を動かすと結構出来ないんですよね。でも一拍目を「ダウンビート」って言い換えればわかり易いですよね。だって...
ギター,ギタープレーヤー

先ずは「元気な音!」を録りましょう♪【セルフレコーディングのススメVol.3】

このブログを始めてから、地元以外の方々とお話しする機会が増えました。ネットがきっかけで「リアルの絆が強くなる」って、なんだか不思議なんですがとっても有難いです!私もたくさん刺激をいただいております。この場で何なんですが「ありがとうございます...
スタジオでのバンド練習法

大切なのは【一拍目のバスドラム】

さて、2014年一発目の「レベルアップネタ」は、またもや 【バスドラム】 です。 まずは昨年とってもPVが多かったこちらのエントリー【バンドのリズム隊はドラムとベースではない?】は読んで頂けましたか?今日はこの続編としてドラマーに...
スタジオでのバンド練習法

【新規リスナーを確実に掴むために】バンドのリズム隊はドラムとベースではない?

今日はバンドがもっとカッコよくなって、オーディエンスにハッピーになってもらう為に必要な「概念」について説明します。 実は以前のエントリー「歌の音量は最大ですか?」の続編だったりします(笑) で、タイトルを見たら???ですね。 じゃ...
スタジオでのバンド練習法

【スタジオでのバンド練習法Vol.1】歌の音量は最大ですか?

(歌の入るロックバンドの)スタジオでのリハーサルの際に、まず大切にしてして欲しいポイントは、 「ヴォーカルのモニタリング、及び音量」です。 本日はそのポイントを簡単にお伝えしますね。 まずヴォーカルだけでどこまで音量が上がるか...
スタジオでのバンド練習法

BLUE ENCOUNT、渋谷クラブクアトロでお手伝いしてきました。

先日、渋谷クラブクアトロで行われた「ねごと」さんのツアーファイナルにオープニングアクトとして出演したブルエンこと「BLUE ENCOUNT」の現場で、ちょっとだけお手伝いさせて頂きました。2013.11.16 backstage pass来...