【まさに脳に直結な機材】今こそMTRに注目です!

Pocket

音楽製作も便利な時代になったものです。

ちゃんと使える中古のハイスペックなパソコンが5万以下で購入できる。
充分なクオリティのオーディオインターフェースも1万円台で購入できる。
編集の為のDAWソフトも、無料で幾らでもネット経由でゲットできる。

ツールとしては、もう充分かもしれませんね。
いやはや大変だ。誰でもクリエーター。誰でもアーティストとして発信できますね。

でもよく考えてみてください。
所詮は道具なんです。
あなたがコマンドを発信しなければ何もしてくれません。

曲のアイデアを思いついて、そこからPCを立ち上げ、設定を確認し、データを取り込む。
いろいろ出来すぎちゃうので、元のアイデアを忘れちゃうw

そんな私みたいな皆さん、今こそMTRをゲットしましょう!
思いついたら即録音!ちょっとの慣れでサクサクトラックを重ねる快感は、曲のアウトラインが見えてくる快感は、何者にも代え難いですよ〜!

で、おススメはこちらとこちら。

(最近商品のリンクを貼る度に、価格が余りにも安くてなんだか微妙に悲しいです。)

どちらの機種にも共通する美点は、以下。

  1. なんだかちょうど良い「小ささ」(スマホは小さすぎる)
  2. 電池で動く。
  3. 充分すぎるクリアな音質(ビットレートとか、サンプリング周波数とかじゃなくって)
  4. 内蔵マイクの音質が美しい。
  5. HDDじゃなくって、お手軽に買えるSDカードに録音できる。
  6. 操作の階層が浅いので、ちょっとの慣れで使いこなせる。
  7. 8トラック独立したフェーダーセクション
その昔、4トラックのカセットMTRが7~8万、8トラックのカセットMTRが18万もしたんです。
デフレって、技術の進歩って、グローバル化って凄いですね。
とにかく感覚的に、そこそこ奇麗に多重録音が出来る。
それが3万円しないとか、もう凄すぎます。
繰り返しますが、コンパクトMTRはPCに比べて感覚的に使える分、アイデアの温度を閉じ込めやすいです。
作曲をするときにたくさんのプラグインは必要ありません。
立派なエフェクターも要りません。
波形を見つめてもPCが作曲してくれるわけではありません。
(出来たとしても、それはあなたの曲じゃないでしょw)
作曲での簡単な多重録音で必要なのは
簡単につかえること
すぐにつかえること
機能はシンプルで充分なのです。
ボイスメモとコンパクトMTRが、あなたの脳みそを開放してくれますよ!
画面を見つめても街の音は聴こえません。
——おまけ——
私は作曲用に、このMTRを使ってました。
fostex x-18

ドラムマシンで簡単なパターンを打ち込んで5分くらい放置して録音。
終わったらそこに適当に音を重ねて行く。

もう、それでメンバーに渡すだけで充分に伝わりますよ。

体裁のいいものより、温度の高いもの、純度の高い事の方が、絶対に重要だと、私は常に思っております。

———————————————————
レコーディングのお手伝いに関するお問い合わせは、こちらをご覧ください。 ツイート

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。