僕らの海、僕らの街、僕らの凪

Pocket



高架を走る電車から毎日見える海。



その大きな湾は、左右から伸びる陸地に守られて、


いつも穏やかな顔で微笑んでます。


地球規模で考えれば、とっても小さな湾ですが、


そこにはいろいろな命が宿ってます。


湾の北側にちょこんと隣接している私たちの街。


とっても大きな空と、ちょっと鼻をくすぐる潮風が


都会でざわめいた心をくすぐって


少しの微笑みをプレゼントしてくれます。


毎日にちょっとだけ疲れたら


穏やかな海に会いに行きます。


「そうだよね。別にいいよね。」


隣に座った友人が、昼のビールを飲みながら


そう、ひとこと呟きました。










ツイート


——————————————–

池田 佳則 公式ウェブサイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。