ライブ会場でシステムから再生される大音量。
ライブ会場のサイズの差異はあれど、日常生活から比べれば充分大音量です。

その手前、PAシステムを通る前はギターアンプが鳴っておりますね。
(またはDIに、しっかり信号が入っている状態です)

で、その一番最初。それはもちろんあなたの演奏です。
もっと「点」で考えれば、たった数ミリの弦の振動です。


そのたった数ミリの微細な弦の振動が、アンプで増幅され、PAさんで増幅され、巨大なサウンドとなってオーディエンスの前にドカン!と出るのです。

ね、そう考えるとちょっと怖くありません?

たった数ミリの弦振動に対して、どれだけ気を使うか?

あなたが機材にこだわる前に、そんな事を頭に入れて
「どうやって弦を震わすか?」
を感じながら、日々練習してみてください。

まずはどんなサウンドを出したいかイメージ出来るようにしましょう。
そして、そのサウンドを感じてピッキングしてみましょう。
「誰々の、どんな曲のあのサウンド!」みたいので全然構いません。
最初は真似みたいで嫌かもしれませんが、きっちりモノマネ出来るほど耳も良くってタイム感もバッチリな方は、そうそういませんのでご安心下さい。最終的にあなたのオリジナルになってますよ。

分からない場合は是非ご質問にいらしてください。マンツーマンで丁寧に技術解説させて頂きます!

ではみなさん、頑張ってくださいね〜♪

——————————————-

池田 佳則 公式ウェブサイト


https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/320486_374608492620950_1671593160_n-1.jpg?fit=630%2C354https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/320486_374608492620950_1671593160_n-1.jpg?resize=150%2C150yoshinori-ikedaギター,ギタープレーヤーベース,ベーシスト音楽のお仕事、技術関係ライブ会場でシステムから再生される大音量。ライブ会場のサイズの差異はあれど、日常生活から比べれば充分大音量です。その手前、PAシステムを通る前はギターアンプが鳴っておりますね。(またはDIに、しっかり信号が入っている状態です)で、その一番最初。それはもちろんあなたの演奏です。もっと「点」で考えれば、たった数ミリの弦の振動です。そのたった数ミリの微細な弦の振動が、アンプで増幅され、PAさんで増幅され、巨大なサウンドとなってオーディエンスの前にドカン!と出るのです。ね、そう考えるとちょっと怖くありません?たった数ミリの弦振動に対して、どれだけ気を使うか?あなたが機材にこだわる前に、そんな事を頭に入れて「どうやって弦を震わすか?」を感じながら、日々練習してみてください。まずはどんなサウンドを出したいかイメージ出来るようにしましょう。そして、そのサウンドを感じてピッキングしてみましょう。「誰々の、どんな曲のあのサウンド!」みたいので全然構いません。最初は真似みたいで嫌かもしれませんが、きっちりモノマネ出来るほど耳も良くってタイム感もバッチリな方は、そうそういませんのでご安心下さい。最終的にあなたのオリジナルになってますよ。分からない場合は是非ご質問にいらしてください。マンツーマンで丁寧に技術解説させて頂きます!ではみなさん、頑張ってくださいね〜♪-------------------------------------------池田 佳則 公式ウェブサイトhttp://ikeda-lovemusic.net/NUDE CABLEの中の人が、ギター,ベースの音作りやバンドの練習方法,レコーディングなどについて綴っております♪ヌードケーブルの秘密も書いてあるかも!