この街の春は、海からの湿気と共にやってきます。

Pocket


私の住む、ここ東京湾岸地帯。

季節が変わると風の向きも変わります。

冬に近づくと山側から乾いた風が街を通り抜けます。

そして春が近づくと海からの風に変わります。

その風はちょっとぬるっとして、ちょっと生臭くって、

そして独特の湿気を纏っています。

だいたい2月位から少しずつ

そして日、一日とその風が吹く回数が増えるにつれ

春の訪れを感じるのです。

春の足音は湿気と共にやってくる。

それが私たちの街

東京から帰ってきて、電車を降りて感じる湿気

それが私たちの街

ちっともさわやかではないけれど

文句を言いながら少し頬を緩めてしまいます。

今年は少し早く「風」を感じました。

ああ、早く春がくるといいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。