【ギタリストはトライしよう♪】薬指のヴィブラートは何種類持ってますか?

Pocket

日頃いろいろなプレイヤーの演奏を見たりアドバイスをしたりしていて気がついた事があります。

みんな上手に難しいフレーズを弾いちゃってビックリなんですが、結構共通して、
「ヴィヴラートが全部同じ」
という子が多いです。

ヴィブラートはとっても重要な表現手法。
ただ弦を揺らすだけでは「表現」に届いてません。

まずは基本の「チョーキングの延長で薬指で揺らす」ことから見直しましょう。

薬指で弦を揺らす場合の注意点ですが、
「肘を固定して手首を回転させる」ようにクルクルさせてみて下さい。

先ずは一定のテンポ、スピードで回転させてみましょう。
慣れてきたら速度を変えてみて下さい。
ゆっくりさせたり、早くさせたりしてみましょう。
はじめのうちは一度決めたスピードを変えること無く繰り返します。
意外とキツくないですか?
頑張ってね〜!

慣れてきたらスピードを自在にコントロールしてみて下さい。
例えば

  • ヴィブラートしないで弦を鳴らし、しばらくしてから早く揺らす。
  • ゆっくり入って、途中から早くする。
  • ヴィブラートしないで入って、ゆっくりゆっくり均等に早くしていく。
など、先人達の音源等を聴いて、いろいろ試して下さい!
人差し指でのヴィブラートについては、また回を改めて書きます〜
その時まで「薬指でのチョーキング的ヴィブラートのスピードコントロール」をしっかり練習してみましょう!
そして弾き慣れた自分のバンドの曲にその表現を「インストール」してくださいね。
リズム隊のビートの問題に比べれば些細かも知れませんが、そんな細部にも気を使うことが色々とあなたを変えていきます。
ぜひ頑張って、ヴィブラートで歌う技術を身につけて下さい。
分からなかったら直接質問にいらして下さい〜
では、健闘を祈ります!
P.S.
こちら、本日の参考音源です!
Albert King – Blues Power

—————————————————-
池田 佳則 公式ウェブサイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。