【リーダーと”バンマス”は分けた方がいい?】出来ていますか?バンド内の役割分担

Pocket



バンドのリーダーって、何故か仕事も責任も集中し過ぎて凄く大変。

「自分がもうひとりいたらなぁ。。。」と、常々悩み、考えすぎるとぶっ壊れそうになったりしがちです。

なので先輩バンド達に見習ってみましょう、的なご提案。

とりあえず「リーダーとバンマスは出来るだけ分ける」というご提案です。

今日のブログで私がオススメするのは、以下の3つの任務を分担させる事です。

「リーダー」
リーダーはバンドのビジョンを具体的に提示出来る人、最終決定者、最終責任者と考えてください。

「バンマス」
バンマス(バンドマスター)は作曲者とは別に演奏、アレンジなど楽曲の現場責任者として下さい。

それと分けた方がいい仕事として、
ブッキング、スケジューリング実務担当。
バンド外の方々との交渉の窓口です。(最終決定のみリーダーに任せるのがいいです)

このように仕事を分けるだけで、バンドの運営は効率的になります。

また、任されたメンバーが責任を持つ事で、バンドの運営がスムーズになり、物事の進行がスピーディーになると思います。

また、理想を言えば「作曲者とリーダーは別の方がいい」と思います。

そうする事によって作曲者はクリエイト作業に集中する事が出来、結果バンドのクオリティーはアップするでしょう。

各自バンド内で音楽以外の責任を持つ事は、とっても大切な社会勉強です。

こまめにメンバー同士で連絡をとり、各自が自らのポジションの責任を全うする。

まだ出来ていないバンドは即実行してください。

最初は慣れなくて大変でしょうが、3ヶ月もすると景色が変わりますよ。

どうしたらいいか分からない場合は、私まで、是非直接ご相談にいらして下さい!

では、みなさん頑張って下さいね〜♪


—————————————————-
池田 佳則 公式ウェブサイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。