アンプのツマミを上げる事は、そんなに難しい事ではありません。

Pocket

このブログの影響からでしょうか、最近スタジオを「引越し」してくるバンドマンさんがちょくちょくいらっしゃいます。

そして2、3回目で大体私、捕まります(笑)
で、「すんません!バンドの音、見てもらえちゃったりしませんか〜」

いきなり「聴いてください」じゃないもん。
「見て下さい」だもん(笑)

で、実際に演奏をして頂きながらガンガンツマミをいじります。
(もちろん事前に言いますよ!)

そうすると、最終的にアンプのマスターヴォリュームとかをMAXにしちゃう事が多いです(マジですw)

「実はブログを読んだんですけど、なんだか怖くて出来ませんでした〜」
ってみんな言うんです。

でも実際に私がMAXにしても全然デカすぎないし、みんなちゃんと弾けちゃうんです。

でももちろんただマスターを上げる訳ではありません。
大体EQは下げる事が多いですね。
ギターアンプの場合はゲインを下げてミドルもMAXにしちゃう事も多いです(笑)

やってみたら実は普通に弾けちゃいますよ!
デカい液晶テレビだって、初めて家に来たときは
「うわ!デカイ!!!」
ってなるのに次の日は普通になっちゃうでしょ?

人間なんてその位テキトーな感覚なんです。

だから一度、思い切って上げ切ってみましょうね〜

※注:真空管アンプはトランジスタに比べるとビビる位に音圧が上がるので、ちょっと注意してね(笑)

———————————————

ライブに於ける演奏指導も承っております。 
お時間ございましたらこちらのリンクからご覧下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。