【ゲネプロのススメ】ライブ用のリハは別枠で取りましょう【スタジオでのバンド練習法Vol.7】

Pocket

さて「スタジオでのバンド練習法」シリーズ。今日は第7回。

第六回までは「ライブを念頭に入れていない」練習について書いてきました。

是非、繰り返し読んで下さいね。

ここまでこのブログを読んで、そして実践出来ていれば

「バンド内での音量バランスが如何に大切か」

が骨身に沁みてご理解いただけたのではないでしょうか?

ってことで今日からは第二ステージです(笑)

ライブに向けてのリハについてちょこちょこ書いて参ります〜

今までも色んなバンドさん、アーティストさんに対してコーチングしてきました。

実践出来たらちゃんと結果が出てます!

あ、でもよくある「集客を劇的に改善するワザ」とかじゃないんで、それを期待してるならご免なさいです。

で、とりあえず本日お伝えしたい事は、

「ライブ用のリハは通常の練習と分けて取り組みましょう」

ってご提案です。

結構ゴチャゴチャにして練習している人、多いでしょ(笑)

ライブ1本1本に対して、きちんと取り組んで下さい。

「毎回セットリスト変わらないし、まあいいか」

そんな台詞はツアーの時だけ。

40分くらいの長さのステージだったら、慣れるまでは3時間は時間を割きましょう。

まずはステージに対する意識を変えて下さい。
(こちらの記事「オーディエンスを「客」と呼び捨てにするなかれ。」を読んでおいて下さいね)

詳しくはまた次回!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。