Pocket

さて、今日はグルーヴについてのお話。

それも結構苦手って人が多い三連譜についてです。

演奏出来ても、なんかダサい。そう感じて敬遠しちゃってる人も多いでしょ。

では、図にしてみましたので早速ご覧下さい〜

みなさんに口で言ってもらうと
「タララ タララ タララ タララ」
ってなっちゃう人が多いです。
それだとビートにスピードが出ませんのでダサく聴こえるんです。
上の図のように、前の拍のおしまいと、次の拍の頭をセットにして

って言ってみて下さい。そして、感じてみて下さい。

で、そのまま演奏すると、あら不思議!
かっこいいブギが演奏出来ちゃいます♪

実は三連譜は私たちに一番身近なビートです。
常に感じているビートなので、出来ない筈はないんです。

では問題です。三連譜はどこにあるでしょう?

わかりますか?

ではヒント。

あなたの心臓に手を当ててみて下さい。

手首の脈に指を添えて感じてみて下さい。

ね、三連譜でしょ!

まず一度、いろんな音楽的知識というバイアスを取り払って、あなたの体に流れるビートを感じてみましょう。


これが出来ると、以前お話した「オンビート」や「一拍目の大切さ」を理解して頂けるのではないでしょうか?

三連譜でしっかりビートを出せると、普段の8ビートも自ずとカッコ良くなります!

音楽はとってもフィジカルなもの。
だから良い演奏だと体が揺れて気持ちよくなるんです。
頭でビートを感じないで下さい。
自分の体にあるビートを感じていれば、自ずと気持ちのいいグルーヴが出てきますよ♪
分からない場合は直接ご指導いたしますので、何なりとお問い合わせ下さい〜
では!
※関連記事
もぜひ併せてご一読下さい〜♪

https://i2.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/E4B889E980A3.png?fit=783%2C755https://i2.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/E4B889E980A3.png?resize=150%2C150yoshinori-ikedaギター,ギタープレーヤーベース,ベーシストドラム,ドラマー音楽のお仕事、技術関係さて、今日はグルーヴについてのお話。それも結構苦手って人が多い三連譜についてです。演奏出来ても、なんかダサい。そう感じて敬遠しちゃってる人も多いでしょ。では、図にしてみましたので早速ご覧下さい〜みなさんに口で言ってもらうと「タララ タララ タララ タララ」ってなっちゃう人が多いです。それだとビートにスピードが出ませんのでダサく聴こえるんです。上の図のように、前の拍のおしまいと、次の拍の頭をセットにして「タタン」って言ってみて下さい。そして、感じてみて下さい。で、そのまま演奏すると、あら不思議!かっこいいブギが演奏出来ちゃいます♪実は三連譜は私たちに一番身近なビートです。常に感じているビートなので、出来ない筈はないんです。では問題です。三連譜はどこにあるでしょう?わかりますか?ではヒント。あなたの心臓に手を当ててみて下さい。手首の脈に指を添えて感じてみて下さい。ね、三連譜でしょ!まず一度、いろんな音楽的知識というバイアスを取り払って、あなたの体に流れるビートを感じてみましょう。これが出来ると、以前お話した「オンビート」や「一拍目の大切さ」を理解して頂けるのではないでしょうか?三連譜でしっかりビートを出せると、普段の8ビートも自ずとカッコ良くなります!音楽はとってもフィジカルなもの。だから良い演奏だと体が揺れて気持ちよくなるんです。頭でビートを感じないで下さい。自分の体にあるビートを感じていれば、自ずと気持ちのいいグルーヴが出てきますよ♪分からない場合は直接ご指導いたしますので、何なりとお問い合わせ下さい〜では!※関連記事【DOWN BEAT】一拍目、英語で言えばわかり易い☆大切なのは【一拍目のバスドラム】もぜひ併せてご一読下さい〜♪NUDE CABLEの中の人が、ギター,ベースの音作りやバンドの練習方法,レコーディングなどについて綴っております♪ヌードケーブルの秘密も書いてあるかも!