Pocket

もう、言わずと知れたLed Zeppelinのファーストアルバム。

リアルタイムだった方々は「人生が狂った」と言われる方が多いですね。
(私は1967年生まれなので、発売から10年以上経ってから後追い掛けで知りました)

モータウンなリズム隊にトラディショナルフォークとブルースを混ぜ、今まで聴いた事の無いようなヒステリックなヴォーカルを正面に据え、「爆音」で調理したアルバム、っていうと暴力的でしょうか。

ロバート・プラントのスタイルは当時かなり「斬新」だった筈です。
そのスタイルに合わせ、バンド全体のサウンドを当時にしては「斬新な爆音」でまとめあげたこのチームは、今思えばクレバーだったのではないでしょうか。

音楽的歴史背景はググれば一杯出てくるので、キッズのみなさんは是非調べて下さい。

凄い時代なんですよ。
ロックの歴史に於いて、1960年代後半はまさに「黄金期」

ロックが「産業」として加速し始めたのは、実はこの時期なのではないでしょうか?

この時代の軸は「東西冷戦」と「リベラリズムに対する圧力」

いろんな文化がこれらから発せられたフラストレーションから始まった気がします。

1968年のアメリカで忘れてはいけないのが、キング牧師の暗殺、ケネディ元大統領の弟、ボビー・ケネディ氏の暗殺という、「リベラリズムに対する暴力」です。

また、チェコスロヴァキアでは「プラハの春」が起こり、多数の市民がソ連軍が指揮する「ワルシャワ条約機構軍」の戦車で轢き殺されたりしました。

そして翌1969年、ウッドストックが開催されます。
映画、「イージー・ライダー」「真夜中のカウボーイ」「明日に向かって撃て」などが世に出ます。

そんな時代にリリースされたこのZepの1stアルバム。

このアルバムに封じ込められているのは

  • パワー溢れる衝動をパッケージングした素晴らしいレコーディング
  • 一流の技術を持ったプレイヤーの演奏
  • 新しい感覚のサウンドデザイン
  • 時代のストレスを上手く読み取ったマーケティング
だったのでは?ってのが私の解釈です。
リベラルなメッセージが入っていなくとも、結局は時代を代表する、歴史に名を残す作品になりました。
ただ、「 Communication breakdown」というタイトルはちょっと毒を感じますが。
この作品は、アーティストが直接的なメッセージを発するのではなく、
人々のやり場の無いソウルを受け入れる箱を作ったのでは?
って気もします。
音楽やアートは少なからず
「時代の空気を反映」します。
直接的なメッセージは無くとも、この作品には「時代臭」があると思います。
では、現代はどうでしょう?
よく、
「今の音楽には何も感じない」ってご意見を伺います。
日本人だけでなく、海外の方々からも同じようなお話を伺います。
それを悲しむのもひとつ。
それを「事実」として認識するのもひとつ。
無意識の集合体が時代の匂い。
今日ご紹介したアルバムが教えてくれる事のひとつが、私はそれなのではないかと感じます。

https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/51SUWsbmnHL.jpg?fit=500%2C494https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/51SUWsbmnHL.jpg?resize=150%2C150yoshinori-ikedaおすすめCD・映画・音楽・本などもう、言わずと知れたLed Zeppelinのファーストアルバム。リアルタイムだった方々は「人生が狂った」と言われる方が多いですね。(私は1967年生まれなので、発売から10年以上経ってから後追い掛けで知りました)モータウンなリズム隊にトラディショナルフォークとブルースを混ぜ、今まで聴いた事の無いようなヒステリックなヴォーカルを正面に据え、「爆音」で調理したアルバム、っていうと暴力的でしょうか。ロバート・プラントのスタイルは当時かなり「斬新」だった筈です。そのスタイルに合わせ、バンド全体のサウンドを当時にしては「斬新な爆音」でまとめあげたこのチームは、今思えばクレバーだったのではないでしょうか。音楽的歴史背景はググれば一杯出てくるので、キッズのみなさんは是非調べて下さい。凄い時代なんですよ。ロックの歴史に於いて、1960年代後半はまさに「黄金期」ロックが「産業」として加速し始めたのは、実はこの時期なのではないでしょうか?この時代の軸は「東西冷戦」と「リベラリズムに対する圧力」いろんな文化がこれらから発せられたフラストレーションから始まった気がします。1968年のアメリカで忘れてはいけないのが、キング牧師の暗殺、ケネディ元大統領の弟、ボビー・ケネディ氏の暗殺という、「リベラリズムに対する暴力」です。また、チェコスロヴァキアでは「プラハの春」が起こり、多数の市民がソ連軍が指揮する「ワルシャワ条約機構軍」の戦車で轢き殺されたりしました。そして翌1969年、ウッドストックが開催されます。映画、「イージー・ライダー」「真夜中のカウボーイ」「明日に向かって撃て」などが世に出ます。そんな時代にリリースされたこのZepの1stアルバム。このアルバムに封じ込められているのはパワー溢れる衝動をパッケージングした素晴らしいレコーディング一流の技術を持ったプレイヤーの演奏新しい感覚のサウンドデザイン時代のストレスを上手く読み取ったマーケティングだったのでは?ってのが私の解釈です。リベラルなメッセージが入っていなくとも、結局は時代を代表する、歴史に名を残す作品になりました。ただ、「 Communication breakdown」というタイトルはちょっと毒を感じますが。この作品は、アーティストが直接的なメッセージを発するのではなく、人々のやり場の無いソウルを受け入れる箱を作ったのでは?って気もします。音楽やアートは少なからず「時代の空気を反映」します。直接的なメッセージは無くとも、この作品には「時代臭」があると思います。では、現代はどうでしょう?よく、「今の音楽には何も感じない」ってご意見を伺います。日本人だけでなく、海外の方々からも同じようなお話を伺います。それを悲しむのもひとつ。それを「事実」として認識するのもひとつ。無意識の集合体が時代の匂い。今日ご紹介したアルバムが教えてくれる事のひとつが、私はそれなのではないかと感じます。NUDE CABLEの中の人が、ギター,ベースの音作りやバンドの練習方法,レコーディングなどについて綴っております♪ヌードケーブルの秘密も書いてあるかも!