Pocket

 

 


私たちが機材の判断をする時の基準として「ノイズ」があります。

まあ、多すぎるのは問題ですが、ノイズはいろんな事を私たちに教えてくれます。
機材ごとにノイズの成分が違う事は、みなさん何となく体感しているのではないでしょうか?
私たちは楽器を演奏する前のノイズから、その機材が持っているトーンのバランス、ヌケなどを一瞬で判断します。
慣れたら問題点も直ぐに分かるようになりますよ。

皆さんも気をつけて”ノイズ”に耳を傾けてみてください。

ってことで、以前に一瞬で「むむむ?」となった機材が本日ご紹介させて頂きます
「ZOOM G3 / B3」です!

 

ヴァージョンUPして更に良くなってる!

実は既にみんなの定番?


ネットに上がっているコメントで良く見かける「値段の割に」というご意見。

いや、値段に関係なくバッチリ使えます。
もう、最初のノイズが違います。
実際に私の廻りでも使用者多数おります。
これでレコーディングしちゃう方々も沢山いらっしゃいます。
例えば名手、青山陽一大先輩。


このアルバム「Blues for Tomato」、ご本人に伺ったところ、このレコーディングで使用したのはZoom G3のみだそうです。

もう、てっきりTwin Rev.だと思っていたのでショックでした。
絶対に嘘だと疑いました(笑)
さすが名手。後輩の心を折って下さいます(笑)

そしたら何と、青山様ご本人からfacebookにてコメントを頂いちゃいましたので、こちらに転載させていただきます(冷や汗!)

お褒めいただきありがとうございます。今ではライヴはG3か、それより小さいMS-50Gを1個持っていくだけでして、アンプもJC120さえあれば特に何の問題もなく、いつでもどこでも同じ音が出るので便利のひとことです。要はアンプ持ち歩いてる感覚です。
世界に名だたる高価な機材もあれこれ素晴らしいんでしょうけど、重いの嫌、ノイズ嫌、高いの嫌、とやってたらこうなってしまいました…。
もちろんヌードケーブルも使ってますけど(^^;)

青山さん、有難うございます!
(俺、完全ミーハーモードで緊張しつつ喜んでます♪)

で、お次ぎはこちら、ギルガメッシュのベーシストの愁ちゃん。

これもマーシャルのSuper Bassじゃありませんよ〜
いや、しっかり芯のあるサウンドです。合格!
Яyoのディレクションもいつも通り流石!です。
(ちなみにセルフレコーディングだよ)

じゃあ、同じ機材を使えば簡単に音がつくれるのか?
すいません、答えはNOです。

素晴らしい道具であればあるほど、使い手のネガティブポイントをカバーしてくれません。
その代わり、プレイヤーの演奏に対して、余計なお節介をしてきません。

必要なのは、本物の音を耳だけでなく、空気の動きまでも体で知っている事。
そしてそれをアウトプットしたいという強い意思がある事。

あなたがそれを知っていれば、本日ご紹介した2機種は絶対にあなたを裏切らないでしょう。

普段からアンプでしっかりとしたサウンドを作り、それを体感する。
シミュレーターでの音作りで迷ったらまずスタジオでしっかりアンプを鳴らしましょう。

それだけで変わります。
本物を知らなければ「再現はできない」と思いませんか?

演奏するのはあなた自身。

頑張って下さいね!

※こちらの記事もご参照下さい。

【BOSS BD-2】私がブルースドライバーを選ぶワケ

乾いた風が吹いちゃいます【MXR micro amp】

開発者が語る、NUDE CABLEの本音の話。

【まさに脳に直結な機材】今こそMTRに注目です!

 



☆メンテナンス&セットアップで弾き易くなります☆ 
%e6%a5%bd%e5%99%a8%e6%95%b4%e4%bd%93%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc
 お気軽にお電話下さい。
tel:080-3095-6955

LINEからも質問できます!お気軽にお問合せ下さい☆

友だち追加

@dko2531d

https://i1.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/51OeY-AalNL.jpg?fit=500%2C375https://i1.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/51OeY-AalNL.jpg?resize=150%2C150yoshinori-ikedaギター,ギタープレーヤーベース,ベーシスト楽器・機材b3,g3,zoom,アンプ,ギルガメッシュ,シミュレーター,青山陽一    私たちが機材の判断をする時の基準として「ノイズ」があります。 まあ、多すぎるのは問題ですが、ノイズはいろんな事を私たちに教えてくれます。 機材ごとにノイズの成分が違う事は、みなさん何となく体感しているのではないでしょうか? 私たちは楽器を演奏する前のノイズから、その機材が持っているトーンのバランス、ヌケなどを一瞬で判断します。 慣れたら問題点も直ぐに分かるようになりますよ。 皆さんも気をつけて”ノイズ”に耳を傾けてみてください。 ってことで、以前に一瞬で「むむむ?」となった機材が本日ご紹介させて頂きます 「ZOOM G3 / B3」です!   ヴァージョンUPして更に良くなってる! 実は既にみんなの定番? ネットに上がっているコメントで良く見かける「値段の割に」というご意見。 いや、値段に関係なくバッチリ使えます。 もう、最初のノイズが違います。 実際に私の廻りでも使用者多数おります。 これでレコーディングしちゃう方々も沢山いらっしゃいます。 例えば名手、青山陽一大先輩。 このアルバム「Blues for Tomato」、ご本人に伺ったところ、このレコーディングで使用したのはZoom G3のみだそうです。 もう、てっきりTwin Rev.だと思っていたのでショックでした。 絶対に嘘だと疑いました(笑) さすが名手。後輩の心を折って下さいます(笑) そしたら何と、青山様ご本人からfacebookにてコメントを頂いちゃいましたので、こちらに転載させていただきます(冷や汗!) お褒めいただきありがとうございます。今ではライヴはG3か、それより小さいMS-50Gを1個持っていくだけでして、アンプもJC120さえあれば特に何の問題もなく、いつでもどこでも同じ音が出るので便利のひとことです。要はアンプ持ち歩いてる感覚です。 世界に名だたる高価な機材もあれこれ素晴らしいんでしょうけど、重いの嫌、ノイズ嫌、高いの嫌、とやってたらこうなってしまいました…。 もちろんヌードケーブルも使ってますけど(^^;) 青山さん、有難うございます! (俺、完全ミーハーモードで緊張しつつ喜んでます♪) で、お次ぎはこちら、ギルガメッシュのベーシストの愁ちゃん。 これもマーシャルのSuper Bassじゃありませんよ〜 いや、しっかり芯のあるサウンドです。合格! Яyoのディレクションもいつも通り流石!です。 (ちなみにセルフレコーディングだよ) じゃあ、同じ機材を使えば簡単に音がつくれるのか? すいません、答えはNOです。 素晴らしい道具であればあるほど、使い手のネガティブポイントをカバーしてくれません。 その代わり、プレイヤーの演奏に対して、余計なお節介をしてきません。 必要なのは、本物の音を耳だけでなく、空気の動きまでも体で知っている事。 そしてそれをアウトプットしたいという強い意思がある事。 あなたがそれを知っていれば、本日ご紹介した2機種は絶対にあなたを裏切らないでしょう。 普段からアンプでしっかりとしたサウンドを作り、それを体感する。 シミュレーターでの音作りで迷ったらまずスタジオでしっかりアンプを鳴らしましょう。 それだけで変わります。 本物を知らなければ「再現はできない」と思いませんか? 演奏するのはあなた自身。 頑張って下さいね! ※こちらの記事もご参照下さい。 【BOSS BD-2】私がブルースドライバーを選ぶワケ 乾いた風が吹いちゃいます【MXR micro amp】 開発者が語る、NUDE CABLEの本音の話。 【まさに脳に直結な機材】今こそMTRに注目です!   私が開発したヌードケーブルに、鮎川誠様はじめ多くのアーティストの方々からメッセージを頂きました。 ☆メンテナンス&セットアップで弾き易くなります☆   お気軽にお電話下さい。 tel:080-3095-6955 LINEからも質問できます!お気軽にお問合せ下さい☆ @dko2531dNUDE CABLEの中の人が、ギター,ベースの音作りやバンドの練習方法,レコーディングなどについて綴っております♪ヌードケーブルの秘密も書いてあるかも!