【ドラムスティックはタクトと思おう!】中心線が決まればバンドは必ず強くなります。

Pocket

以前にアップしたエントリー、

「【新規リスナーを確実に掴むために】バンドのリズム隊はドラムとベースではない?」

PVを見る限り、本当にたくさんの方に読んで頂きました。ありがと〜

理解して、実践して頂いてますか〜?
また結果が出ていますか?景色が変わりましたか?

たまにはご感想や実践レポートなんか下さいね(寂しいw)

と、言う訳で本日は上記のエントリーの続編です。

———————————————–

ヴォーカルとドラムのグルーヴがちゃんとシンクロ出来るようになりましたか?

それが出来たのなら、バンドの表現力を上げる事を考えましょう。

具体的に、どう考えるかって言うと、

「ヴォーカリストはリアルタイムに変化する譜面だと思おう。
ドラマーはそれを見て、聴いて、そして感じてタクトを振るように演奏しよう」

って感じです。

写真のSjueは、まさにそんな良いバンドです!

ギタリストやベーシストは、そんなドラマーの指示を感じながら演奏する。

最初は意識しながら演奏する事になると思いますが、コツさえ掴んでしまえば普通に出来ます。

ちなみにこの考え方が普通になると、バンドのサイズ感、カラーなどが
「ドラマーの表現力に大きく影響される」ことになります。
(別にギターがどうでも良いって言ってる訳ではありませんヨ!)


って訳で、ドラマーは必ず歌詞を理解しましょう。
そしてそれをベースにヴォーカルに何かを感じながら
指揮者のように演奏して下さい。

今までやってなかったのなら、間違いなくきっと何かが変わります。

ちゃんと各パートの音が聴こえてさえいれば、直ぐに実行に移しましょう。

聴こえないのなら、何が原因なのか切り分けて問題を発見、そして対処しましょう。

「エモーショナルな演奏ってこんなに楽しいんだ!」

一人でも多くの方にそう感じてもらえたら、私、本当に嬉しいです〜♪

分からなければ、いつでも質問しにいらして下さい!

では、みなさまにとって素晴らしい音楽が輝きますように!!!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。