あなたはレコーディングで何を大切にしてますか?

Pocket

レコーディングって、ひとことで言ってもそのスタイルは千差万別。

ステージでの演奏以上に、スタイルの自由さは多いです。

最終的に「自分の想いを出来るだけパッケージングする」ことがゴールなんですが、まあ、思うように行かなくってどんどんズレちゃったりします(笑)
まあ、そのアクシデントを楽しめればオッケーなんですがね。
そうじゃない場合も、ねぇ。

ってことで最近は各パート、全部バラで録る方も非常に多くなってます。

ドラムもドラマーがいるのにサンプリングにして、弦楽器はすべて自宅。
歌だけスタジオってケースも多いですね。

きょうは「ロックバンド」の方にひとつご提案です。

是非とも各楽器バラ録りしないで
「複数人で一発録音」にトライして下さい。

クリックも出来れば聴かない。聴いてもドラマーがイントロだけ。
間違いなく「勢いのあるグルーヴを捕獲」できます。

「それだとDAWの時間軸に合わないんじゃないですか?」
そんな事を質問された事があります。

DAWの時間軸を大切にしたいなら、別に一発で録らなくてもいいでしょう。
波形編集を重要視するのなら、この方式はおススメしません。

生のグルーヴは一期一会
全力で演奏した際のミストーンもロックの一部

そんな気持ちを重視しているなら、ぜひ出来るだけ多くのメンバーで
「一発でレコーディング」してみて下さい。

完璧なタイム、ミスのない演奏が正しいとは限りません。
(ただし言い訳に使ってはダサいです)

音源はあなたの人生にとって大切なもので有る筈です。

ぜひ、「今を真空パック」出来るように頑張って下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。