【カセットMTRを侮るなかれ】今でも大好きで〜す♡

Pocket

40歳以上の方にはとても懐かしいであろうカセットMTR

今ではデジタルの16trのMTRが3万で買えちゃいますが、昔は8TrのカセットMTRが15万くらいだったんですよ。。。

当時(私を含めて)、みんなで工夫しながら音源を作ってました。

トラックを稼ぐのに出来るだけ一発で録音したり、ピンポン録音したり。

でも私、未だに愛してます&使ってます!

TASCAM 464です!

アナログ媒体で記録すると、やっぱり違うな〜って思うのは
「空気の動き」ですね。

デジタルでハイビットで記録すると、まるで大型液晶テレビみたいに解像度が高くなります。

カセットMTRは当然そんな解像度に敵いませんが、
「再生される風の固まり感」
は、むしろこっちの方が上ですね。

よくアナログカセットは暖かいとか思う方もいらっしゃいますが、実はそうでもないですよ。

むしろ「空気の密度感」が全然違います。

って事で、私がカセットで録音した仕事をお聴き下さい〜

さて、デジタル録音の物と比べてどんな風に感じますか?

カセットだからといって、決して「ローファイ」ではないってのを分かって頂けると思います。

カセットMTRを使う上での問題点は、

  • 修理が出来ない(涙)
  • カセットテープの入手が難しい。
  • トラックが少ない。
です。
音質に関して言えば、いいマイクプリをかまして録音すれば、そんなに問題ないです♪
もし、カセットMTRを使うチャンスがあったら是非トライしてみて下さい!
きっと素晴らしい体験になると思いますよ〜
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. sho komiya より:

    録音いい音ですね、
    自分も未だにカセットMTR使用してます
    音の密度感とは良い表現ですね

    自分は
    マイク->マイクプリ->カセットMTRで録音
    テープから4CHパラアウトでDAWに取り込み
    PCでプラグイン使ってMIXしてます

    自分の音はこんな感じです
    http://ameblo.jp/shokomiya/entry-11926705975.html

    テープを箱買いしたし予備機もあるので
    一生このままカセットで行くかもしれません
    では!

  2. yoshinori ikeda より:

    komiya様
    コメントありがとうございます!!!

    そうなんです。空気の動く感じが違うんですよね、アナログって。

    よくアナログは「暖かい」っていいますけど、それはオーディオの話で、プロオーディオは一概にそうとは言い切れないと思ってます。

    音源、拝聴させていただきました。
    むっちゃリトル・ウォルターじゃないですか!!!!
    カッコいいですねぇ♪

    これからも素敵な音楽を作って、そしてプレイしてくださいませ!!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。