40歳以上の方にはとても懐かしいであろうカセットMTR

今ではデジタルの16trのMTRが3万で買えちゃいますが、昔は8TrのカセットMTRが15万くらいだったんですよ。。。

当時(私を含めて)、みんなで工夫しながら音源を作ってました。

トラックを稼ぐのに出来るだけ一発で録音したり、ピンポン録音したり。

でも私、未だに愛してます&使ってます!

TASCAM 464です!

アナログ媒体で記録すると、やっぱり違うな〜って思うのは
「空気の動き」ですね。

デジタルでハイビットで記録すると、まるで大型液晶テレビみたいに解像度が高くなります。

カセットMTRは当然そんな解像度に敵いませんが、
「再生される風の固まり感」
は、むしろこっちの方が上ですね。

よくアナログカセットは暖かいとか思う方もいらっしゃいますが、実はそうでもないですよ。

むしろ「空気の密度感」が全然違います。

って事で、私がカセットで録音した仕事をお聴き下さい〜

さて、デジタル録音の物と比べてどんな風に感じますか?

カセットだからといって、決して「ローファイ」ではないってのを分かって頂けると思います。

カセットMTRを使う上での問題点は、

  • 修理が出来ない(涙)
  • カセットテープの入手が難しい。
  • トラックが少ない。
です。
音質に関して言えば、いいマイクプリをかまして録音すれば、そんなに問題ないです♪
もし、カセットMTRを使うチャンスがあったら是非トライしてみて下さい!
きっと素晴らしい体験になると思いますよ〜
https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/P1040536-1.jpg?fit=1024%2C768https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/P1040536-1.jpg?resize=150%2C150yoshinori-ikeda楽器・機材セルフレコーディングカセットMTR40歳以上の方にはとても懐かしいであろうカセットMTR今ではデジタルの16trのMTRが3万で買えちゃいますが、昔は8TrのカセットMTRが15万くらいだったんですよ。。。当時(私を含めて)、みんなで工夫しながら音源を作ってました。トラックを稼ぐのに出来るだけ一発で録音したり、ピンポン録音したり。でも私、未だに愛してます&使ってます!TASCAM 464です!アナログ媒体で記録すると、やっぱり違うな〜って思うのは「空気の動き」ですね。デジタルでハイビットで記録すると、まるで大型液晶テレビみたいに解像度が高くなります。カセットMTRは当然そんな解像度に敵いませんが、「再生される風の固まり感」は、むしろこっちの方が上ですね。よくアナログカセットは暖かいとか思う方もいらっしゃいますが、実はそうでもないですよ。むしろ「空気の密度感」が全然違います。って事で、私がカセットで録音した仕事をお聴き下さい〜 さて、デジタル録音の物と比べてどんな風に感じますか?カセットだからといって、決して「ローファイ」ではないってのを分かって頂けると思います。カセットMTRを使う上での問題点は、修理が出来ない(涙)カセットテープの入手が難しい。トラックが少ない。です。音質に関して言えば、いいマイクプリをかまして録音すれば、そんなに問題ないです♪もし、カセットMTRを使うチャンスがあったら是非トライしてみて下さい!きっと素晴らしい体験になると思いますよ〜NUDE CABLEの中の人が、ギター,ベースの音作りやバンドの練習方法,レコーディングなどについて綴っております♪ヌードケーブルの秘密も書いてあるかも!