☆ロックバンドのフロントマンは【眼力(めぢから)】を鍛えよう☆

Pocket

はっきり言って「ひと事」なんですが、ロックバンドのフロントマンは大変です。

だって「バンドのメンバーの代表として真ん中で闘う」訳ですから。

いろんなライブを見ていたりして思う共通点は、
「フロントマンの眼力(めぢから)が強いバンドは演奏もかっこいい」
って事です。(演奏スタイルによって種類は変わりますw)

UHUSENTAI:NOIZのANGEL-TAKAもライブ中は凄いです。(その他は?ですw)

NICOのみっちゃんも、ギルガメッシュの左迅も、ある時を境にがらっと変わりました。
バンドもその時にガラッと変わりました。
(普段はユルユルなままですけどね〜w)

これってひとりで変えれるほど簡単な事ではありません。

全身に背負っている様々な事へのリスペクトと自覚。

メンバーに対する信頼。

様々な不安を乗り越えた自信。

いやー、大変だ。。。。

そのくらいの覚悟が無いとフロントマンってやっていけないんだなぁ。。。。

俺は絶対やりたくないです(笑)

そんな、様々なものを超えると、やっぱり顔に出るんですね。

あなたは、またはあなたのバンドのフロントマンは
【眼力(めぢから)に自信を持っていますか?】

カッコいいロックバンドの写真を良ーく見て、自分達に足りないものは何か、よく考えてみて下さい。

意識し出すと、少しずつ変わります。

すぐに変わるほど甘いものではありません。

メンバー同士、日頃から「アー写ごっこ」をするのもいい練習になるかもしれませんね。

ってことで参考動画を幾つか。

 ね。

アーティストだっていろんな不満や悩みを抱えているんです。

それを凝縮して出せるから「アーティスト」なんです。

いやー、凄いですね。

私は真似も出来ないし、したくもありません(笑)

センターに立つ方々は是非頑張って下さいね〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。