The end of summer

Pocket

渋滞中の国道357号線の車窓から

盛夏を記録したがっている様に、

草々は競うように空に向かっています。

もうすぐ市役所の方々に、ばっさり刈られてしまうのをしっているのでしょうか?

もう、そんなことはお構い無し。

今、この瞬間にのみ生きる。

そんな強さを、この季節の雑草から感じます。

刈られても

刈られても

根を絶やされない限り

天に向かって繰り返し伸びる。

いつかは木になる事を願って

雑草は繰り返し空に向かって伸びるのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。