【☆ドラマーは試してみよう☆】チューニングキーを使わずにバスドラムの音程を下げることが出来る?!

Pocket

今日は久々にバスドラムのお話。

ロックの場合、バスドラムの音程は低い方がカッコ良く聴こえるものです。

だからみんなチューニングとかでいろいろ試すんだよね〜

で、今日は先日実験して面白かったネタをご紹介です。

チューニングキーを使わずにバスドラムの音程を下げることが出来る?

小寺良太せんせいは、いつも低くて太い音!カッコいい〜♪


まさか〜(笑)ですよね。

では、試してみましょう。だって無料だもん♪

以下、実験の手順です。

1:バスドラムを普通に踏んで下さい。

2:そのまま踏みながら、その「音程」にあわせて声を出して下さい。
 音色じゃなくって「音程」ね。


3:バスドラムを踏むのを止めて、その「音程」で声を出してください。


4:いまバスドラムを踏まずに歌っている「音程」を、1音位下げて(バスドラムを踏まずに)何度か声を出して下さい。

5:その音程を「歌いながら」バスドラムを踏んでみて下さい。

どうです?下がりました?

私はこれを6人で実験して、(まだ少なくってごめんなさいw)、全員一音位は下がりました(笑)

で、さらに下がるか実験したんですが、2音は全員下がりませんでした(残念!)

気になったので、スネアでも実験!

結果、「全然下がりませんでしたw」

どうやらバスドラムにだけ使える技でした。

音作りに悩んだら、先ずは意識改革から!

是非、試してみて下さい〜♪

————————————————————–

こちらも絶対に読んでね☆

大切なのは【一拍目のバスドラム】

【新規リスナーを確実に掴むために】バンドのリズム隊はドラムとベースではない?

バスドラムの重心が下がらないのはベーシストのせい?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。