【☆ドラマー注目☆】音のプロフィール写真《Groovin’ Shot!》はじまりました♪(後編)

Pocket

さて、昨日の続きです〜
みんな、読んで頂いてますか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【☆ドラマー注目☆】音のプロフィール写真《Groovin’ Shot!》はじまりました♪(前編)

肝心の音も聴いてね♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Wildflower Studio SOUND LIBRARY

って訳で、9月の頭から実験を開始しました。
参加して頂いたドラマーは延べ21名。
みんな本当にありがとう!大好きだよ♪

________________________________________________
という訳で、実験の模様をちょっと。

まず受け入れる私たちの録音機材などのハード面。

これは本チャンと同じシステムなので大丈夫です。

まあ、せっかくなんでルームだけの音とレコーディングの音を比較してみましょう。

まずアンビのみ。これでも他に比べたら充分奇麗なんですけどね。

で、次は同じ部屋でレコーディングモード全開で録った音。


これでどんな音かはご理解頂けるかと思います。

ってことで、普段からたくさんドラムレコーディングしている私達の課題ははどれだけ時間を短縮できるかだけでした。
いやあでも、さすがにこれだけ録れば早くなります(笑)

赤川君、ご協力ありがとうね♪

皆様に【Groovin’ Shot!】の収録に関してひとつアドバイス。

欲を出すとハマります(笑)

ある程度ラフに、そして3テイク以内にサクッと終わらせましょう。

あ、これ、本チャンのRECと同じですねw

「まあいいや」の精神、普段着のプレイで充分に伝わりますよ。
(まあ、気持ちは分かるけれどね)

上記のメンタル面でのアドバイスの他に、技術的なアドバイスも。

私のブログを定期的に読んでくださる方は、この時点でもしかしたら気がついたかもしれませんね。

つまり、この記事
【気になるでしょw】モテるドラマーの条件とは?

はい。ズバリこの【Groovin’ Shot!】をカッコ良く録るためのコツでございます。
加えて日常的にドラマーに意識してほしいポイントを書いた物です。

で、
ドラムの音ヌケで悩んだら「シンバルの鳴らし方」に気を配ってみよう。
前述の記事に対する具体的な技術アドバイスです〜

さらに、シンバルはもちろん、スティックの使い方の具体的な解説
【楽器上達の大切なポイント】スナップの動き、固いですよ!

って訳です♪

上記3点を意識して、Groovin’ Shot!にトライする、
いや、これらが無意識に、そして当たり前に出来るようになると、あなたのドラムは
絶対に素敵に聴こえるようになります!

では、締めにGroovin’ Shot!の実験に参加してくれた高校生の瀬戸君からのコメントです。
(聞いた話を俺が文字起こししましたw)

「こうやってアップしてもらうと嬉しくって何度も自分の音を聴いちゃいます。でもみなさんの音も同じページにアップされているので自然と自分のと聴き比べちゃうんですよね。そこで気がついたんですが、小寺さんとかプロのドラマーの方は、音のひとつひとつの圧とキレが全然自分と違うんですね。音をたくさん早く叩くのが凄いんじゃないんですね。いつも小寺さんにレッスンを受けさせてもらってるんですが、こうやって普段聴けるって凄く勉強になります」

※soundcloudへのアップロードは任意です。2MIXのお持ち帰りだけでも大丈夫です〜

って事で、たくさんの素敵なドラマーさんとの出会いを楽しみにしております。

是非ともワイルドフラワーに遊びにいらしてくださいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。