【俺はカッコいいと思ったけど、あなたはどう?】Whole Lotta Helter Skelter by Soundhog

Pocket

最近ネットで見つけたこちらの動画、まずはご覧下さい。

次に動画を見ないで音だけ聴きましょう。

どう感じました?

私は単純に「カッコいい」と思いました。

この動画、実はロックサウンドのエッセンスが凝縮されていると感じました。

引用元です。参考までにこちらも見てね。

最近ふと思うんです。

ロックの格好良さって、ある意味1970年代に大体定義付けが終わっているような気がします。
(別に新しいスタイルを否定している訳ではありませんよ)

それまでは特定の若者のための音楽だったロックが、産業として拡大していく上で、やっぱりお茶の間に広がる必要があった訳です。

「原石」から「商材」として変わる必要があったので、サウンドもいろいろ変化して行きました。

そして80年代になると、アメリカ発信でMTVのようなPVとセットの商品が主流になり、普通のとうちゃん&かあちゃんが車で聴いても問題ない音が主流になります。

80年代のアメリカで流行った曲って、どれも同じようなドラムの音(笑)

まあ、メインストリーム以外ではしっかりロックしてますけどね。
あくまでTOP40な流行りの話です。

気がついたら世界中でCDショップは消滅の危機。

流行を追い、最新の機材で知らず知らずのうちにメインストリームに合わせて楽曲をパッケージング。

それが正しい時代だったんだと思います。

L.A.メタルもしかり。
グランジもしかり。
オアシスもしかり。

そんな事を考えながら冒頭の動画を見たときに、私は何とも言えない気分になりました。

もしあなたが25歳以下の若者で、この動画のサウンドを聴いて
「クソカッコいい!」
そう思ったら、パクっちゃいましょう。
そうして新しい、あなただけのロックサウンドを演奏しましょう。

ロックは歌詞にメッセージが無くとも、気持ちさえあれば
「ヒリヒリする位にカッコいい」筈です。
ずっとそうだった筈です。

それとももう、
「カッコいいロック」は人々から必要とされていないのでしょうか?

少なくとも俺には「必要」ですけどね(苦笑)

「でも、今の時代、流行らないし。。。」

そう言うコメントもたくさんあるでしょうね。

そんなあなたに私からの提言。

時代のために音楽をするんじゃなく、自分の為に音楽を演奏しませんか?

————————————————————–
こちらのエントリーも参考になさってください。

どんな芸術も【模倣】から始まります。

【楽器上達の必須項目】先人の中から”師匠”を探そう。

お金を払ってインプットするという事【CD、買ってますか?】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。