【青春の挫折と希望】キッズ・リターン – 北野武【オススメの映画】

Pocket

「マーちゃん、俺たちもう終わっちゃったのかなあ」
 「バカヤロー、まだ始まっちゃいねえよ」

「ヨシノリ、絶対に観て。お願いだから観て。来週まで新宿でやってるから!」

当時、中学の同級生の友達が北野組で照明のクルーをやっておりました。
(その後、河瀬直美監督の「萌の朱雀」で照明チーフだったんだよな〜。)

その子から何度も電話をもらったのを、今でも良く覚えています。

なぜ、私にこの映画を執拗に観るように彼女が勧めたのか、いまでは知る由もありません。

ただ、あの時にこの映画を観た事は、とても意義のある事でした。

_________________________________

それはある意味残酷なものでもあります。

夢を見るのは、人生で何度でもあります。

その度に現実と超えられない限界に向き合い、

傷つき、涙を流し、

そしてそれでも夢を見ようとする。

それが若さなのかもしれません。

このブログの冒頭のセリフ、

再生への希望のセリフでは無いと思います。

そうでも言わないとやってられないんです。

ギリギリ、踏みとどまるための「自己暗示」でしかない。

学校という社会に馴染めなかったものにしかわからないでしょう。

なぜ、彼らが校庭で自転車を漕いで、あのセリフを吐いたのか。

北野監督は「折れてしまった者たち」を、非情に描写したんでしょうか?

観ている多数の物たちに対して、
「どうせこいつらのこと、わからねえだろ」

そう描きたかったのかもしれません。

もう一度、観ようかな。

もちろん一人で。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。