ベースのストラップの長さ、本当にそれで大丈夫?(特にピック弾きの方)

Pocket

ロックのピック弾きベーシストの場合、
「ストラップの長さは低い方がカッコいいに決まってる」

でもね、「下げすぎ」ている子がとっても多いんです。

下げすぎてるとピッキングが全くコントロール出来ない。

ピックの角度が調整できない。

ピックに腕の重さが乗らない。

結果、音が軽くなる。

で、実はパンチが無い音になって「ロックじゃない」って言われちゃう(涙)

ポール・シムノンも実は肘に余裕があります。

別に指引きの人みたいに上げろって言ってる訳ではありません。

本当にちょっと上げるだけで「音は変わります」

おまけにフォームに余裕ができるので
「実は何気にカッコ良くみえます」

腕が伸びきってると、なんか素人臭くってダサく見えますよ。

ぜひ鏡の前で、少しずつストラップの長さを調整して
「右腕に余裕のある、カッコいい高さ」
を、見つけてみましょう。

そんでその「カッコいい高さ」のまま、アンプに繋いで弾いてみてください。

音も絶対にカッコ良くなってますよ〜!

是非、お試しあれ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。