女性ナレーション録音のちょっとしたコツ

Pocket

いや、最近ドラムの録音ばかりしてますが、たまにいきなり入るんです
「女性ナレーションのボイスサンプル」

㈱アメリカンイングリッシュオンラインの田内様のサンプルも録らせていただきました〜♪



毎回セッティングするのも大変なので、ちょっとしたコツをここに書いておきますね。

1:水分はお茶ではなく、水で補給する。

お茶だと喉の奥とか口の中がザラついて、子音がキツくなります。
出来るだけちょっとだけ、こまめに水分を補給して、口の中を潤してください。

2:POPガードは必ず使おう(出来れば布製)

ロックな歌とかだったら金属製の方が良好な結果がでるんですが、女子の場合は布製のPOPガードで余分な子音の高域成分を押さえた方がいい結果が出る事が多いです。

3:出来るだけ吸音材などの前で声を出そう。

どんなに防音されている部屋でも必ず少しは反射音が発生します。
完全にゼロにするのは難しいので、出来るだけ減らす工夫をしてみましょう。

4:コンプレッサーは控えめに!
コンプレッサーは便利なんですが、要らん音も持ち上がっちゃってモコモコしたりします。
プリアンプのゲインも楽器収録より控えめにしましょう。
ピークランプがたまーに光る程度で充分です。

5:EQの2.5Khz辺りは徐々にカットしてみましょう。
女性の場合、大体ここにキツいポイントがあります。
少しカットするだけで「スッキリした音」になり、聴いてくださるクライアント様などの印象も良くなります〜♪

あとはレベルを上げすぎて割れないとか、まあそんな事ですかね。

せっかくちゃんと話せても、肝心の録り音が「モコモコ」「ザラザラ」では印象が悪くなります。

最初のひと言、ふた言のサウンドの印象が良ければ最後まで聴いてもらえます。

音が悪いとチェックする側はそれだけで印象が悪くなります。

せっかくのサンプル、変なところにケチケチしないでしっかり設定して録音してください。

もしかしたらそれだけで「変わる事」がたくさんあるかもしれませんよ!

では、頑張ってくださいね〜

_____________________________________________
実は私、声優やナレーションのお仕事もしております(笑)
お問い合わせは「㈱音通堂」まで宜しくお願いします〜♪

http://ikeda-lovemusic.net/voiceactor.html

㈱音通堂 オフィシャルサイト
http://on-tsu-do.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。