小さなクルマでも勝てるシチュエーションはある?

Pocket

※車の運転は法定速度を守り、無理のないドライビングをしましょう。
 今日のお話はフィクションです。マネしないでね。

でっかい排気量のスポーツカーって、速いっす。
誰でも踏んだら「ドーン」っていきますからね。

普通の方なら、デカいスポーツタイプにちっちゃな車が勝てる訳がない。
きっとそう思いますよね。

でも、ちっちゃな車が勝てる場合もあるんです。

例えばデカいスポーツタイプはディーラーから卸された状態。
例えばちっちゃい方は愛情注いでしっかりセッティング&メンテ。

例えばデカいスポーツタイプは普通のドライバー。
例えばちっちゃい方は走り込んだ熱い奴。

直線ならお話になりません。完敗です。

峠道ならどうでしょう?

登りの峠なら、パワーが物を言いますのでやはり完敗です。

でも、峠の下り道に限定して考えれば

「立派なスポーツタイプのでっかいクルマに勝てます」

幅の広い、でっかいクルマは峠の一車線の中で細かいコース取りをする事は不可能。
ちっちゃい奴は一車線を目一杯使って、細かくラインを取って走れます。

でっかいノーマルのクルマは重量もデカい。
ちっちゃい奴は当然軽い。

しっかり荷重を意識しながらブレーキを踏みつけ、クルマを路面に押し付ける。
リズミカルにギアを落とし、エンジンの回転を合わせ、コーナーの出口でアクセルを開ける。

もしデカいクルマの後ろを走っていたなら、きっと相手のバックミラーからちっちゃいクルマが消える事はないでしょう。

そうやって走っていると、大概大きなクルマのドライバーは、どっかのコーナーで大きく外に膨らみます。

しっかり安全、かつ手に届く距離を保って走っていれば、ちっちゃなクルマはインを突いてコーナーを鮮やかに駆け抜ける事ができるでしょう。

そして何度もコーナーを駆け抜ける度、バックミラーに映るデカいクルマは小さくなっていきます。

小さなクルマだって、デカいクルマをビビらせる事は出来るんです。

要は普段の準備と確かな技術と心意気です。

雨の中、ひとり静かに車を運転していて、そんな事を思い返してしまいました。

※繰り返しますが、今日のお話はフィクションなのでマネしちゃ駄目です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。