飛び越えて。突き抜けて

Pocket

どこまでも突き抜ける秋の空
夏とは違う鮮やかさは
まるで手が届きそうな錯覚をしてしまう。
空に触れられるんじゃないかと
雲を掴めるんじゃないかと
高く、より高く手を伸ばす。
もちろん届く筈もありません。
それでも笑顔で
高く、より高く
笑顔で手を伸ばしてしまう。
まわりのひとは、そんな私を嗤う。
でも気にしない。
誰よりも蒼を感じている自分が好きだからね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。