【テレキャスのススメ】あなたの人生にTelecasterを。

Pocket

いきなりですが、ギタリストのみなさん、

テレキャスターは好きですか?

私の最近のメインG&L ASSAT改造バージョン。ボディは単版です!(自慢)
日本では良くも悪くも1980年代の影響で、「ヴォーカリストが使うギター」ってイメージが定着しちゃってますが、全然そんな事無いですよ。
テレキャスターは、他のソリッドボディギターには無い魅力が満載。
フロイドローズな人も含めて、ギターを弾く方は是非オーナーとして持って欲しい一本です。
で、何が他のギターと違うか?(メジャーな仕分け前提でのお話です)
他の種類のギターとの大きな違いは
「裏通しスタイルの弦の固定方法」です。
「ん、ストラトと似てませんか?両方とも裏通しだし。」って質問が出るかも知れませんね。
でも、
「ストラトは弦のエンドがブリッジパーツで固定されている」訳ですが、
テレキャスは「ボディに直接固定」してる訳です。
それもブリッジで直角に曲げてグイッといっちゃってます。
レスポールなどのギブソンスタイルに、そんなギターはありません。
フェンダースタイルの中で一番近いストラトでも、ボディ直ではありません。
ジャガー、ジャズマスター、マスタングも違いますよね。
って感じに
「テレキャスだけ弦を強引にボディに押し付けているw」訳です。
例えて言えば、スプリングを2巻きカットしたサスの走り屋仕様w
ん〜、漢らしい。
それだけに、弦の振動がボディーにダイレクトに伝わります。
ということは、ピッキングニュアンスもガチでボディに伝わる訳です。
あなたも是非一度くらい、テレキャスターのオーナーになってみませんか?
ピッキングニュアンスで変化する音色を体感すると、
ギターってこんなに楽しいんだ!って思うかも知れませんよ〜
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。