ピッキングのフォームに決まりはあるの?

Pocket

先日のエントリー、
「【右手のピッキング、その前に】左手だけで演奏してみましょう。」
は、読んで頂けました?

今日は続き。右手のピッキングのお話。

いきなりですが、
あなたのピックの持ち方、大丈夫ですか?

じゃあ、正しいピックの持ち方ってどうなんだろう?って考えますよね。

答え。

みんなバラバラでオッケー!正解は人の数だけあります。

ちなみに私、基本的にピックはあんまり使いませんw

ピッキングで大事なポイントは結構シンプル。

弦にしっかり親指(とか)のニュアンスが伝わるか
だけです。

では自分のフォームを見直す為に必要な事。それは
リラックスです。

リラックスしていないと、弦に当てる角度や強さなどをコントロール出来ません。
弦に当たっていないとき、ピックは
「落とさない程度に持っていればいい」と意識してください。

そしてインパクトの瞬間にだけしっかり保持してコントロールする。

まずはゴールをそこに設定して、自分なりに持ち方を研究してみてください。

ゴールが決まっていないと、方法論に終始して、何が正解かわからなくなっちゃいます。
(日常生活でも良くあります←俺ですw)

手のひらの大きさや形は、ひとそれぞれ。
指のそり具合もバラバラ。
ピッキングフォームも立派な個性のひとつです。

あなたにしかクリエイト出来ない音楽は、ここからも始まります。

頑張って見つけてくださいね!

理解を深めるためにも、以下の記事も是非合わせてお読みください。


【ギターの低音が足りない?】じゃあ、まずはピッキングを見直しましょう!

【楽器上達の大切なポイント】スナップの動き、固いですよ!

実は一番難しいベースのピック弾き!

【ベーシスト必読】ラリー・グラハムから学ぶフィジカルの基本

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。