またまたスネアの整体しました〜

Pocket

何故か断りきれずに始まりました

「スネアの整体」

そして昨日も施術しました。

Woh !愛情一杯のヴィンテージです。

25年選手のヤマハYD9000ちゃんでした。

ってことで、頂いたコメントを転載です。

ドアをノックする様にトントン、トントンと胴の音を聞きながら、ゴムハンマーでトントン、トントンと歪みを治し、音を均等にしてました。これがまた、本当に変化していくです!
その他、いろんな施術をゴットハンドで促し30分程で終了!
説明では、中音域から効果が現れて、一旦は高音、アタックは落ちるが、叩き次第にその部分も馴染み、伸びてくると言うハズが、相性が良かったのか、低音域から高音域、サスティーン、アタックと、全てが(o_o)
良い鳴りに‼︎
いゃー、ビックリ(o_o)
信じるか!信じないか!は、貴方次第‼️


という事で、メッチャいい感じに仕上がって私も満足です!

ドラムセットの正面から聞いたら、ローミッドがめちゃくちゃ変わっていてうるさいくらいでした(笑)

Jack Havaさん、有難うございました〜!


ってことで、ここまでスネア整体をして分かった事を書いてみます。

1:ギター、ベースの整体より俺の体は疲れない。
2:ギター、ベースの整体より気を使う。
3:ドラマーじゃないので、音のおいしいところが今イチ点にならないまま作業をする。
4:スタジオを押さえて、ドラムセットを鳴らしながら作業しないと効率が悪い。

5:整体して直ぐは、一瞬音量が下がったように聴こえる。

6:3分ほど、しばらく叩いてもらってから再調整するといい感じに鳴る。

7:叩き方にコツがあって、失敗すると逆に鳴らなくなる。

って感じですかね。

始まったばかりなので何とも言えませんが、試したらまたレポートしますね〜♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。