ブルースギターの教科書【ZZ TOP – Tres Hombres】

Pocket

可能ならば、個人的ギタリストは一度は通って欲しいアルバム
61ZkLfRyZAL._SL1083_-1

Tres Hombres – ZZ TOP (1973年)

ビリー・ギボンスのギターって「激情型」ではありません。

ジョニー・ウィンターやバディ・ガイの様に燃え盛るギターは弾きません。

でも、凄くかっこいいです。

ルパン三世で言えば、五右衛門的にカッコいいと思います。

激情型ではないので、コピーし易いと思います。

ギターソロの組み立て、フレージングはもちろんカッコいいです。

コピーをすれば必ずプラスになります。

バッキングのグルーヴ感も「ビシッ!」としてます。

タイミング、音の長さ、ビブラートなど、私のブログを読みながら聴いて頂くと、きっと理解が深まると思います。

この曲なんか、もう最高です。

古いって言われるかも知れないけど、やっぱりブルースマナーに根差したギターってカッコいいと思います。

未だ未だ若いギターのみなさん。

是非このアルバムを購入して聴いてもらえたら、おじさん嬉しいな〜♪


トントンバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。