楽器のひとが作ったスピーカー【RSS-01 by 5storeys】

Pocket

2009年の12月に初代モデルが出来てから丸6年。

 

とうとう市場に出てしまいました。

11349248_183993348602159_697574396_n
音が良く見えます!

名前も改め

「Resonance Sound Speaker RSS-01 」
です!
強そうでしょ(笑)
 
このスピーカーを発売するに当たって、またまたAmazonさんからインタビュー記事がリリースされてます。
 

NUDE CABLEと同様、所有している方とそうでない方、体験した方とそうでない方のギャップがこれだけ激しいプロダクツも、そうそうないと思います。(そんなのばっか、俺w)

この子についていろいろ文章が上がってるので、今回このブログでは分かり易く箇条書きにします〜

〜初期のコンセプト〜
楽器の音が、細かいニュアンスまできちんと聞こえるスピーカー

〜誰に対して開発した?〜
とりあえずドラマー。
全ての名演の音源が、先生になっちゃうから。

44489_121395178014446_949237307_n
はじめはちっちゃかったのです。



って感じで始まったのに、結構他のパートの方の購入率が高かったのです。
そんな時、NICOみっちゃんから
「もうちょっと大きいの、作れません?」

そして開発が始まり、現在のモデルの元が出来ました。


〜第二期のコンセプト〜
楽器の音が、細かいニュアンスまできちんと聞こえるスピーカー

P1030665
13inchのPCにピッタリです。

〜誰に対して開発した?〜
予算がないからセルフで作業するアーティスト

解像度が高ければ、コンプの設定やEQのポイント、リバーブの種類やサイズ感など、過去の名音源と比較しながら作業すれば出来ちゃう訳です。
まずは模倣から入るのが一番の勉強ですからね。

と言いつつ、実はいちいち質問されるのが面倒だったって事もあります(笑)
「メタリカと比較しろよ」とか、「ジャックジョンソン聴き直して〜」とか言えば楽ですから(笑)

そしたらまたまた予想外に、趣味で音楽を楽しんでる方々から沢山のオーダーが。。。

ということで現在のモデルの原型にたどり着きます

〜第三期のコンセプト〜
とってもキュートで幸せな音を奏でるスピーカー

P1040093
液晶テレビにセレクター経由で繋いでる方、めっちゃ多いです。
アーティストだって、365日ずっと音源作ってるのは製作が仕事の方だけ。
よくよく話を聞いていると、普段使いで充分楽しいらしいって事が分かりました。
だって聞き慣れている筈の音源から
「今まで知らなかった音が聞こえる!」
それは相当エキサイティングです。
また、お母さんミュージシャンの方が仰ってました。
「ご飯の時にテレビを消して、ストリーミングでいい音楽をBGMで流すの。会話も増えて、夕食の時間が楽しくなったわ。」
あー、嬉しい。
とまあ、とりとめも無く書いちゃいました。
Amazonのインタビューと併せて読んで頂けますと、何となく想像して頂けるのではないでしょうか?
ユーザーコメントなど、そのうちまとめてアップしたいのですが、みんな書いてくれません。
お願いだから、俺に興奮して話すその言葉をメールして下さい。
という事で、機会がありましたら是非あなたの生活にインストールしてみてくださいね。
お問合せはこちら、株式会社ファイブストーリーズ様までお願いします。
P.S.
男子は必ず「えーぶいがやゔぁいwww」
と言ってきます。
使い方、違うから。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。