CD作って何が悪いの? 音源作って何がいけないの?

Pocket

世間では
「CDのセールスが。。。」とか
「ダウンロード、クラウドが、これからは、、、」
とか言われてます。

ミリオンの時代ならいざ知らず、ネットがバリバリの世の中です。

それでもアーティスト達は作品を作ります。

たまに言われるんですよ。
「なぜ儲からないのにCD作るんですか?」

そりゃ出来るだけ利益が出た方がいいに決まってます。

出来るだけ赤字にならない方がいいに決まってます。

一人でも多くの人に聴いてもらいたいに決まってます。
(大衆という意味ではないですよ)

でも、もっと根っこの部分の理由は、とてもシンプル。
「自分の作品を形として残したい」

録音している時に「これ幾ら儲かるかな?」って思って演奏します?
ミックスダウンの時に「これで赤字が出なくなる!」なんて思って編集します?
アートワークを考える時に「これで売れる」って考えてデザインします?
(アートワークはそういう考えも有るかもwww)

20世紀ならいざ知らず、今ではテクノロジーが進化して、自分たちだけでも音源を作れる時代になりました。(まあ、クオリティーは、それぞれ、ね。)

なので
「創りたいんだから創ればいいじゃん」

別に1000枚作る必要は無い筈です。

予算が無いから妥協するのではなく、その中で「自分たちのベスト」を尽くせばいいだけだと思います。

少ない本数の標準的なマイクでも、工夫次第でしっかりしたドラムサウンドをレコーディング出来ます。


妥協と工夫は違います。

創りたいという意思を持つことは、アーティストとしては至極当然です。

でも、アーティストじゃない人々は「そろばん」で理解しようとします。

そりゃ話は通じないですよ。無理無理!

だったら限られた予算や時間の中で、クリエイティブに行動しましょう。

悩んでいる時間、レコーディングに当てた方が有意義だと思うんですけど。。。

とりあえず、

自分の為に、作品をOUTしましょう!

と、実は自分に言ってたりします(苦笑)

————————————————————————————-
CDプレス、価格だけで選んで失敗したことはありませんか?
ブートロックなら、あなたの作品を愛情タップリで完成までお手伝いしてくれます。
おススメです!
tel:0120-953-332

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。