【今、見るべき映画のひとつ】独裁者と小さな孫

Pocket

折しも本日のニュースで、イランとサウジアラビアの国交が断絶。
その他の国々もサウジに追従し、イランが国際的に孤立する流れになっております。

ロイター1月4日付
「イラン、サウジの断交発表を非難 「緊張高める口実探している」」

そんな中、先日「独裁者と小さな孫」という映画を観て参りました。
→オフィシャルサイトはこちらです←

imgres

この映画「独裁者と小さな孫」は、ある架空の国のお話です。

独裁者がクーデターによって地位を追われ、身分を隠して逃げて行くストーリーが、ロードムービーの手法で淡々と、時に派手なアクションシーンなどを交えて描かれています。

絵のコントラストやトーン、カット割りのリズムなどに関して言えば、どっちかって言うとメジャー系の匂いも感じます。
そう言う意味では誰もが見やすい映画だと思います。

観客の緊張感を最後まで緩める事無く、緩急付けて最後まで引っ張る構成は、本当にマフマルバフ監督は「天才」なんだと思わずにはいられません。

・実は取っ付き易い映画です。

マフマルバフ監督が伝えたかったテーマはとてもハッキリしています。

ストーリーも構成も、とてもシンプルです。
(あらすじなどに関してはググれば幾らでも出てきますので、興味がございましたら是非調べてみて下さい。)

話を複雑に何重にも織り込む事無く、最後まで一本の道で語って進んで行きます。

でも全てが丁寧に作られている為か、観ている方はどんどん魂を主人公に同化させられてしまいます。

主人公が旅を進めるなかで、客観的に自分の所行と向き合って行く様は、なかなかな地獄です。

この映画は、私たちには中々想像もつかない事を伝えてくれます。

でも、宗教や経済的な違いは関係なく共通する事実の幾つかが

・憎しみは連鎖する。
・大衆は恐怖が原因で流されて行く。
・独裁の源も、実は恐怖である。

少なくともこの3点を、観客全てに伝えてくれていると、私は感じました。

もしお時間ございましたら是非、映画館でご鑑賞下さい。

必ず何かを持ち帰れると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。