安いギターはダメですか?

その他
本文とは、余り関係がありません

私が若い頃の話。

某リペアショップに国産のレス・ポールJrを持ち込んだ時に言われたひと言。

「まあ、値段が値段だからしょうがないね。ウチのギターの方がいいよ」

その瞬間、なんとも言えない怒りと悲しみで一杯になりました。

 

本文とは、余り関係がありません

本文とは、余り関係がありません

 

 

 

安い楽器はダメな楽器?

まず、安いの線引きが人によって違います。

ヴィンテージがメインの方からしたら、30万は安いと感じるでしょう。

現場でガンガン使う方なら、10万以下で使える奴は安いと感じるでしょう。

最近では中古だけでなく、新品でも1万を切る楽器が幾らでもあります。

     

1万以下は全ての人からしたら安いのでしょうか?

   

冷静に考えて想像してみて下さい。

     

それでも高いと感じる方もいらっしゃいます。

 

あなたから見たら、安くてダメなギターかもしれません。

でも、もしかしたら、その楽器にはたくさんの想いが詰まってるかも知れません。

親御さんが無理して買ってくれた楽器かも知れません。

友達からプレゼントされた楽器かもしれません。

死んだ友達の形見かもしれません。

 

確かに高い楽器はいいです。

悪かったら困ります。

でもだからと言って安い楽器を否定していいのでしょうか?

 

大切なポイント、大事にしてる事はみんな違います。

 

だから他人の楽器を軽い気持ちで否定するのは、出来るだけ止めて下さいね。

 

高いギターはいいギターの反対語として成立する程、音楽は安くありません。

 

O! Chips, Liberia. The theme song. Artist: Weesay the free-spirited Liberian

 

 

 

nude新ロゴだけ
整体ロゴ

/div>

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました