ベースラインに工夫はありますか?【The Clash – Rock the Casbah 】

Pocket

最近の若い子って、本当にビックリするくらい左手も指がスラスラ動くんですよね〜
おじさんな私はいつもビックリしております。。。

でもちょっと気になることが重なりました。
それはベースラインが今イチ「何かが根本的に足りない」気がするんです。

歌メロが鳴っている時に音符が喋りすぎたり、詰め込みすぎたりしてるライン。
逆に最初から最後まで歌メロとコード進行に従順すぎるライン。

と、言うことで今日の参考音源はこちらです。


The Clash、後期の名曲、ポール・シムノンの名演 – Rock the Casbahです。

別に早弾きしてるわけでも難しいフレーズを弾いている訳でもありません。
「なんだ簡単じゃないか」って思う人も多いでしょう。

では、あなたはこのコード進行とメロディーから、このベースラインに匹敵するものを生み出せるでしょうか?

もう一度よく聴いて下さい。
まず選んでいるノートのセンスがとても素晴らしい。

イントロのメインリフがとてもキャッチー。

そして歌メロが入ってくるとサッと脇役に徹し、シンプルなノートと音符の長さで曲の世界を上手く表現しております。

この曲のベースラインをコピーするとき、是非音の長さも気にしてみて下さい。
また、演奏する時に歌メロを口ずさみながら弾いてみて下さい。

「どんなフレーズを弾くか」より「どんなラインを組み立てられるか?」がベーシストの真価を問われるポイントです。

過去の名演や名曲にはベーシストにとって学ぶべきポイントが多数あります。

是非、先人達からそのエッセンスをたくさん盗んでください。

今イチベースラインが聞き取れないとの意見も良く伺います。
その場合、大抵日頃使用している音楽の再生環境が悪いです。

是非迷わずイヤフォンやスピーカーなどを買い替えましょう。
時間がもったいないですよ。
楽器に比べれば安い出費です。
店頭で試聴出来るところもたくさんあります。
とっても大事なポイントなので、労を惜しまないで下さい。

そして、良い再生システムでもう一度先ほどのRock the Casbahを聴いてみて下さい。

頑張って下さいね!あなた次第で曲はもっともっと輝きます!

———————————
おまけ。
この気合いの入ったライブヴァージョンも凄いですよー

———————————————

ライブに於ける演奏指導も承っております。 
お時間ございましたらこちらのリンクからご覧下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。