【ギターソロをカッコよく聴かせるワザ】音符だけで表現出来ない事をしてますか?

Pocket

ギターソロを弾く時、どうやって「音を並べるか」に神経が行き過ぎていませんか?

ギターソロをカッコよく聴かせるコツは、そこではありません。

音の並べ方、詰め方に神経が行き過ぎていると、シンプルなフレーズでカッコよく弾けないですよ。

まずはシンプルなフレーズでカッコよく聴かせる練習や工夫をしてみましょう♪

ではちょっと具体的に解説しましょう。

写真の様に4弦5フレットのGの音を単音で鳴らして下さい。
(3弦5フレットでもいいよ)

ここで質問です。

あなたなこのGの音をどのくらいのバリエーションで鳴らす事が出来ますか?

もっと言っちゃうと、
このGの音一つで音楽として聴かせる事は出来ますか?

ただ押さえて「ぴーん」ってやっちゃったら、普段から意識していないってことなので頑張ってね。

ではまず左手のバリエーション。

  • ただ押さえる
  • 前の音をハッキリさせてグリスアップしてGの音を押さえる。
  • 前の音をぼやかしながらグリスアップさせてGの音を押さえる。
  • ハンマリングしてGの音を押さえる。

ぱっと考えただけでこれだけあります。
これにグリスアップのスピードの変化やヴィブラートを組み合わせたら、もっと種類が増えますよね。

そしてこれに右手のピッキングの変化(位置や角度)を加えてみて下さい。
4弦以外をミュートしてブラッシングしてピッキングしてもカッコいいです。
ね、更に種類がふえますよね。

そして更にピックアップのセレクトや楽器本体のヴォリュームコントロールなどを。。。

ほら、もうそうやって考えると、
たったワンノートで「超エラそうに弾ける」ようになるでしょ!

さらにギタリストの特権。
これにドヤ顔を追加しましょうw

別に超絶難しい速弾きフレーズしなくっても、充分カッコよく見せる事が出来ます。

要は、「一発の音で何をどれだけ表現出来るか?」

ギタリストは「自我の塊」でちょうどいいんで、ワンノートでウザイくらい表現出来るようになりましょう(笑)

ドラマーやベーシストが一生懸命演奏していても、ギタリストは一発で持っていける
「美味しいポジション」ですwww

「ギターはずるい!」って言われてナンボです♪

と、いうわけで課題曲。

このBostonの「Peace of Mind」のイントロのシンプルなフレーズを弾いてみましょう。
コピーしても良し。自分なりに崩しても良し。
ノートは同じでもニュアンスだけでいろんな表現が出来ると思います。

では皆さん、頑張って下さいね。
だって
「ギターソロはロックの華」じゃないですか!(笑)

関連記事
「【ギタリストはトライしよう♪】薬指のヴィブラートは何種類持ってますか?」
こちらも是非お読み下さい。
私が個別レッスンで実際に伝えている内容をお伝えしております。

———————————————————

サウンドメイキング等に関するご依頼は、こちらのリンク先フォームよりお問合せ下さいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。