【知ってると便利】木ネジの穴がバカになっちゃった時の応急処置方法

Pocket

ギターやベースの木ネジって、何故か知らないうちにバカになっちゃいません?

パテ埋めとかって大変そうだし。。。。

で、今日はそんな時に覚えておきたい応急処置方法です!

では早速解説です。

用意するものは、

じゃーん!

写真の爪楊枝です(笑)

では手順ですー

穴に入れて長さを決めます。

写真のように、緩くなっちゃった穴に爪楊枝を刺して、使用する長さを決めます

ぽきっ。
先ほど決めた長さで「ポキッ」と折ります
で、差し込むとこんな感じ〜
そして緩くなった穴に差し込みます
その際に木工用ボンドを塗って差し込むと、さらにGood☆

普通にネジを締めましょう☆
そこに普通にネジを締め込んで行きます〜
出来た!
で、完成!
簡単でしょ☆
爪楊枝では太さが足りない場合は、折れたドラムスティックを加工して差し込んでもいいですよ〜
ネジ穴が緩いと、何気にサスティンに影響致します。
めっちゃ簡単なので、皆様ぜひお試し下さい〜
(ってか、俺のテレキャス汚っ!掃除してから写真撮れば良かった。。。)
———————————————-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。