ブレーキを優しく踏めば、クルマは長持ちします☆

Pocket

さっき、近くのスーパーの駐車場で気が付いたんですが、クルマを停める際に動きが
「カックン」ってなる方、非常に多いです。

って事で、今日は
「優しいブレーキの踏み方のススメ」です〜

ブレーキを掛ける際に、「クルマの動き」を意識してみましょう。
急にブレーキを掛けると必ず「カツッ」って前のめりになります。
「じわっ」と踏んでから、ゆっくり「ぐいーっ」ってブレーキを掛けると、地面に対してクルマが平行に沈み込むように動きます。

この、「均等に沈み込む動き」を理解して、それが当り前のブレーキングになれば、あなたのクルマは間違いなく長持ちします。

絶えず道路から不規則で細かい振動の刺激を受けちゃってるクルマたち。
そこに「急発進、急ハンドル、急ブレーキ」で、クルマに激しい動きを加えたらかわいそうです。

「やさしく、キレよく、リズミカルに」
そんな楽器を鳴らすような意識で運転してみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。