【楽器上達の必須項目】先人の中から”師匠”を探そう。

Pocket

以前もお話させて頂きました、
「芸術は模倣から始まる」
ってお話の続きみたいな感じです。

あなたは、「この人にめっちゃ影響を受けた!」的なプレーヤーはいますか?

上達のポイントとして、実はこれ、大切なポイントなんです。

ちなみに私はブルースギタリストの「アルバート・コリンズ」から大きな影響を受けました。

好きなプレイヤーを見つけたら、きっとその方のプレイをがむしゃらに、そして深く聴いてコピーする事でしょう。

一曲丸ごとコピーするばかりだけでなく、美味しいポイントを探しまくってコピーしたりすると思います。

そうやって深く音源と向き合うと、自ずと楽器の音も影響を受けるでしょう。

そしてそのアーティストの事がもっと知りたくなり、そのプレイヤーが誰に影響を受けたのか気になり、調べ、そしてその影響を受けたアーティストの音源を聴きたくなるでしょう。

浅く広くさらっていくのも見識が広くなっていくので、とても素晴らしいと思います。

でも、どこかのポイントで狭くフォーカスして「深く、もっと深く」追求するのも大切な事だと思います。

今はyoutubeなんて便利な物もあります。

でも時々、出来るだけ映像を見ないで音に集中して聴いてみて下さい。

そうやって先人の演奏に深く向き合うだけで、きっとあなたは変わるでしょう。

頑張って下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。