チャンスを引く力と保持する力は違います。

Pocket

世の中は公平なようで実は不公平。
でもでも哲学的に考えればみんな一緒になっちゃうかもしれませんが、今日の論点はそこではありませんので悪しからず。揚げ足取らないでね、泣いちゃうからw

日々、いろんなバンドマン達を見ていると、やっぱりたまにいるんですよ。
「やたらとチャンスをもらう奴」

演奏する機会然り、
聴いてもらう機会然り、
ご飯をごちそうになる機会然り、
大きなイベントに出させて頂く機会然り。

じゃあ、そういう(時々じゃなくって)やたらとチャンスをもらう奴って、結果を出しているかというと、意外と「????」だったりします。

「やたらとチャンスをもらう奴」
これは本当に凄い才能?だと思います。
でも、
「チャンスを掴んで離さない能力は全く別」
なんです。

実はこの「掴んで離さない能力」、本当に大事です。
これが足りなくって駄目になった奴らも、沢山見て来てしまいました。
(結構辛いんだよ、見てる方も。)

私の周りだけの話で言うと、この掴んで離さないスキルというか気合いというか、まあ、そんなのが高い人はドラマーに多いですね。

「いつもアイツはいろんな所から声を掛けてもらってイイなぁ」
って考えてしまうのは、人なんですから仕方がありません。
仙人になる必要もありません。

でもチャンスは「降ってくる」ばかりではありません。
チャンスは自分から探しにいき、掘り出す事も可能です。

どんな形であれ、「わ!やば!」と思ったら根性決めて、しっかり結果を残すことにトライしてください。

そうしないと、私みたいなオッサンになっちゃいますよ!(涙)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。