一番最初のプリプロは、雑で構いませんよ〜

Pocket

簡単操作の小型、シンプルなMTRは曲作りには最適ですよ。


「曲が出来た!」

ってなったら、先ずはその曲の骨子を形にしてみましょう。

私の場合は基本MTRを使用します。

・初めのトラックにドラムパターンを延々と3~5分、録音する。

・それに合わせて簡単なパターンのギターやベースを録音

・ハナモゲラな感じでヴォーカルを適当に録音

これだけで充分。

実は一番最初の段階で「ちゃんと作りますモード」に入っちゃう人が多いみたいですね。

それは後。

先ずは適当に!

私の場合、ギターもベースもpignoseとSM57で録っちゃいます。

とにかくプリプロの段階では「ドラムの作り込みは禁物」だと思ってほぼ間違いないです。

ワンコーラスでも構わないので、とにかく

「作業の早さ」
「適当でいいじゃん!
「温度感」

に気を付けて、まずはあなたの音楽を閉じ込めましょう!

過去のエントリー
【まさに脳に直結な機材】今こそMTRに注目です!
も是非お読み下さい♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。