楽器に愛を持って仕事をする事【ギター診療所だより】

Pocket

おかげさまで「行徳ギター診療所」、連日大変盛況でございます。
(なので、腕がパンパン)

スタジオ店番⇄レコーディングのお手伝い⇄ギター診療所

って状態なので「頭がクルクルパー」な毎日を過ごしてます。
(おまけに最近、スタジオのPCが絶不調。。。)

で、今日はギター診療所で気になった事があったので、思い切って書かせて頂きます。

____________________________

「他のところで観てもらったら、『もう買い替えないと駄目ですよ』って言われました」

そう言って持ち込まれたギターが、最近目立ちます。

で、観てみると、ちょっと施術したら元気バリバリな楽器ばかり。。。。

  • ネックの反り、歪み。
  • 弦高、オクターブの調整不良。
  • それらから来るビビリ。
  • ジャックの汚れから来る断線みたいな症状。
  • ピックアップの調整不足から来るハイ落ち。

etc……

正直、
「プロなら簡単に治せる問題点ばかり」

きっと「一本でも多く売りたい」為に、お客様にそういうアナウンスをしたのでしょう。

世の中、こんな不況です。みんな大変です。分かりますよ。

でも、なんだか愛情が足りな過ぎませんか?

私、奇麗事を言ってますか?

甘いですかね?

楽器ひとつひとつには、ユーザーの「いろんな想い」が込められています。

大事なひとからプレゼントされたものかもしれません。

初めて買った楽器かも知れません。

仲間の形見かもしれません。

そんな大事な楽器かも知れないのに、

「これ、もう駄目だから買い直した方がいいよ」なんて、簡単にお客さんに言わないで下さい。

音楽にも、楽器にもリスペクトが足りな過ぎるんじゃないですか?

このブログで、あんまりネガティブな話を書きたくないのですが、さすがに悲しくって書かせて頂きました。

自分が言われたら悲しくなる事を、お客様に言わないで下さい。

同業者のみなさま、心からお願いします!

nude新ロゴだけ
整体ロゴ

/div>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。