【気になるでしょw】モテるドラマーの条件とは?

Pocket

ちょっと釣りっぽいタイトルをたまには使ってみました。

モテるといっても、残念ながら
「異性が対象ではありません」

他のパートの人から見て、ドラマーを無意識に判断するポイントを、今日はお伝えしちゃいます〜

陽子ちゃんは「他のパートのひと」や「若手男子ドラマー」からならモテモテです。

ドラマーのみなさんは、きっと
「難しいパターンを難なく叩く」
とか、
「ツーバスがすげー」
とか、
「手数がすげー」
とか、そう思っているんじゃないですか?

確かにそういう要素って「すげー」なんですが、実際に一緒に音を出す対象として考えた場合、他のパートの人が無意識にジャッジしているポイントは違うんです。

それは何かと申しますと・・・・・

まずは
「トーン(音色)」
シンバルがガシャーンや、スネアがバチャッや、ベードラが「ぼ。」では、他のパートの人からしたら醒めてしまいます。

ぼそぼそ喋るんじゃなくって、ちゃんと相手の目を見てしっかり話す、みたいな感じに置き換えて考えてみて下さい〜。

じゃあ次。
「グルーヴ」

何気ないシンプルなビートを4小節も叩いたら、「あ、俺好きかも」って思われる時は思われちゃうもんです。
別にすげー早いBPMとかじゃなくって、130くらいでフツーに叩いた時のタイム感。
そこで何気に「合う、合わない」を本能的に感じていたりします〜
そしてもうひとつは
「手クセ」
何気なく叩いたときのハイハットのアクセントや4小節目毎に入れるちょっとしたフィルとかが「お、なんか同じ音楽が趣味?」なんて感じたりするもんです。
ドラマー同士だと、そういう事はあんまり気にしないもんです。
上記3点って、普段の練習が「普通に出る」瞬間だったりします。
派手なプレイもいいですが、今日お話した事もちょっと気にしてみて下さいね。
では〜♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。