ミックスダウンは「音を配置する」感覚を持ちましょう【セルフレコーディングのススメ】

Pocket

超久々にレコーディングネタです。

「自分たちだけで、超カッコいい音が録れたんですが、MIXがわからない!」

はい。よくある質問です。

DAWの弊害ですぐに「どのプラグインを使えばいいですか?」って聞かれますが、まずはその前に
「音の配置をしっかり考えましょう」

ってことで図を作りました(面倒くさかったw)



普段エンジニアじゃないみんなは、まず以下のルールで作業しましょう。

使っていいのはフェーダー、PAN、センドのリヴァーブ。


正面から音を「見る」感覚で作業をします。

  • フェーダーを上下させると箱の大きさが変わります。
  • PANをいじると、箱の左右の位置が変わります。
  • センドリヴァーブを深く掛けると、音が後ろに引っ込みます。

まずはこんな感じでしっくりくる所に音を置く場所を探してみてください。

録り音がしっかりしていれば、これだけで
「何となくカッコいい感じ」に必ずなりますよ〜

では、頑張ってみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。