【BOSS BD-2】ブルースドライバー、技クラフトと1995年製 初期ロット品を比較してみました。

Pocket

最近、やっとの事で自分の音楽に取り組めてるような、取り組めてないような日々です。

で、せっかくなんでレコーディングの際に技クラフトと1995年製のブルースドライバーを比較してみました。

ちなみに現行品も持ってます(笑)

左から2010年、技クラフト、1995年フルオリジナルです。

まず、正直に申し上げますと、現行品だけ「情報量」が違います。。。。

で、95年製と技クラフトの比較ですが、パンチ、情報量はほぼ同じ。
いやー好きだわ、どっちも(笑)
(ちなみに私、MOD品はどれも相性が悪かったです)
ただ、この2台、大きく違う点があります。
それは「ノイズのレベル」です。
技クラフトは95年に比べ、圧倒的にノイズが少ないです。
レコーディングが中心でしたら迷わず技クラフトをオススメします。
ただ、やっぱりあのノイズもロックだったりするんですよね。
ステージの上だったらテンション変わるだろうなぁ。。。(俺だけ?)
ノイズが無いから良いって訳では無いと思います。
だいたいエレキギターと真空管アンプの組み合わせなんて、そんなもんでしょ。
でも改めてこの2台を引き比べて、
これを設計した人って、凄いセンスしてるなー、って思いました。

2000年以前のオリジナル品って、みなさん殆ど手放さないので、購入するのって難しいと思います。

現行品のブルースドライバーと比較すると、この2台、(仕方ないんですが)やっぱり一枚違います。
そうやって考えると、技クラフト、買った方がいいですよ!
この値段でこの追従性、なかなか他にありませんからね♪
こちらのエントリーもご覧下さい。
 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。