「セルフレコーディング用に長いマイクケーブル、もうちょっと増やして下さい〜」

ってリクエストを頂きましたので、余っていたジャックとカナレのケーブルで作ってみました。

どうせ作るんだから実験してみよう!ってことで、イタズラ心でNUDE CABLEのパーツを仕込んでみました!

作ってる最中は正直、「音は出ればいいやw」って組み立てていたんですが、検品するとやはりいろいろ気になる悲しい性格なのです。。。
ちなみに検品は適当で、SM58を繋ぎ、自分の声で「あー、チェックチェック」だけです(苦笑)

改作する事3回(そんな事やってるから早く帰れない)。
これならまあまあ良いんじゃない?ってのが出来たので、ワイルドフラワー・スタジオにて土曜日からテストランしてます〜

そしてウチのスタジオで良くあるパターン。
作った人よりお客さんの方が先に体験する(苦笑)

通常のバンド練習で、歌用に使ってくれたブッチさんのコメント。
「ミキサーゲインのツマミがいつもより低いのに、めっちゃ声がデカく聴こえる」

ほー、そうなんですね。

ってことで昨日レコーディングが2件あったので初めて投入!(そして写真を無断使用w)

「うぃーん」のみんな、乙!

で、どうだったかというと、とにかく「解像度は高い!」です。
SM57なのにコンデンサ?な感じなので、ドラムトップのマイキングが変わって来ちゃいます。
いつもと同じ感じだと、逆にステレオ感が薄くなります(←おい!)
ってことで、いつもよりマイク同士の間隔を広くとって録音してもらいました。

YAMATOのツイッターから勝手に拝借w

多分、普通のエンジニアさんが見たら発狂するマイクの位置です。
それでもちゃんとゲイン感は保たれておりました。

そして録音が終わって録り音チェック!

まあ、悪くはないでしょう。
UCHUSENTAI:NOIZのドラマー、YAMATOのコメント。

「このケーブルで録音する事は修行です(笑)
コンプ掛けなくって、この張り感、ゲイン感は凄いですね。
んー、自分のプレイが気になるwww」

REC終わって一枚パシャ。みんな、早く帰ろうよ。。。

ああ、まんまヌードケーブルなコメントです。。。

じゃあオッケー、販売開始?
ところがそんなに簡単には行かないんですよ。

私、気になる箇所が未だあります。
音域のバランスの問題なんですが、たぶん400~800Hに何かクセがあります。
(ほんとうにチョコッとなんですけど)
これを好みと言ってしまうかどうか。
「個性が無いのが個性」なのがNUDE CABLEなので、これは克服したいですね〜

それと何故かマイクの感度が上がるように聴こえるので、多分
「ライブでのハンドマイク用での使用はNG」です。
完全にPAさん殺しです。
このケーブル使ってハンドマイクで歌った日には、PAさんは
「ミュートボタンに張り付いていなければならない」でしょう。

その他、音色的にはきっとOKです。
80~120Hzくらいも地味ですけど解像度アップしてます。
1Khz~2.5Khzの情報量も多いです。
10Khz~18Khzも、そんなにうるさく感じません。

そして最大の問題点。
「作るのが超面倒臭いので、値段設定が非常識になってしまう」
このままだと「工賃の固まり」。
「俺だったらそんな金額、出したくない」なレベルです。

という事で、こちらのマイクケーブルは今のところ「販売しません」

でもセルフレコーディングの時には、きっと楽チン出来るので、
ワイルドフラワー・スタジオでの全てのレコーディングの際にお貸し出し致します〜♪

普通の練習でも使いたい!って思いますよね。
レコーディングが入ってなかったら、どうぞお試し下さい♪

って事で、もう本当に疲れてます(笑)

そして自分のレコーディングに悪い影響が出ています。

ダメじゃん俺wwwww

https://i1.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/IMG_4402.jpg?fit=1024%2C1024https://i1.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/IMG_4402.jpg?resize=150%2C150yoshinori-ikedanude cable/ヌードケーブルセルフレコーディング「セルフレコーディング用に長いマイクケーブル、もうちょっと増やして下さい〜」ってリクエストを頂きましたので、余っていたジャックとカナレのケーブルで作ってみました。どうせ作るんだから実験してみよう!ってことで、イタズラ心でNUDE CABLEのパーツを仕込んでみました!作ってる最中は正直、「音は出ればいいやw」って組み立てていたんですが、検品するとやはりいろいろ気になる悲しい性格なのです。。。ちなみに検品は適当で、SM58を繋ぎ、自分の声で「あー、チェックチェック」だけです(苦笑)改作する事3回(そんな事やってるから早く帰れない)。これならまあまあ良いんじゃない?ってのが出来たので、ワイルドフラワー・スタジオにて土曜日からテストランしてます〜そしてウチのスタジオで良くあるパターン。作った人よりお客さんの方が先に体験する(苦笑)通常のバンド練習で、歌用に使ってくれたブッチさんのコメント。「ミキサーゲインのツマミがいつもより低いのに、めっちゃ声がデカく聴こえる」ほー、そうなんですね。ってことで昨日レコーディングが2件あったので初めて投入!(そして写真を無断使用w)「うぃーん」のみんな、乙!で、どうだったかというと、とにかく「解像度は高い!」です。SM57なのにコンデンサ?な感じなので、ドラムトップのマイキングが変わって来ちゃいます。いつもと同じ感じだと、逆にステレオ感が薄くなります(←おい!)ってことで、いつもよりマイク同士の間隔を広くとって録音してもらいました。YAMATOのツイッターから勝手に拝借w多分、普通のエンジニアさんが見たら発狂するマイクの位置です。それでもちゃんとゲイン感は保たれておりました。そして録音が終わって録り音チェック!まあ、悪くはないでしょう。UCHUSENTAI:NOIZのドラマー、YAMATOのコメント。「このケーブルで録音する事は修行です(笑)コンプ掛けなくって、この張り感、ゲイン感は凄いですね。んー、自分のプレイが気になるwww」REC終わって一枚パシャ。みんな、早く帰ろうよ。。。ああ、まんまヌードケーブルなコメントです。。。じゃあオッケー、販売開始?ところがそんなに簡単には行かないんですよ。私、気になる箇所が未だあります。音域のバランスの問題なんですが、たぶん400~800Hに何かクセがあります。(ほんとうにチョコッとなんですけど)これを好みと言ってしまうかどうか。「個性が無いのが個性」なのがNUDE CABLEなので、これは克服したいですね〜それと何故かマイクの感度が上がるように聴こえるので、多分「ライブでのハンドマイク用での使用はNG」です。完全にPAさん殺しです。このケーブル使ってハンドマイクで歌った日には、PAさんは「ミュートボタンに張り付いていなければならない」でしょう。その他、音色的にはきっとOKです。80~120Hzくらいも地味ですけど解像度アップしてます。1Khz~2.5Khzの情報量も多いです。10Khz~18Khzも、そんなにうるさく感じません。そして最大の問題点。「作るのが超面倒臭いので、値段設定が非常識になってしまう」このままだと「工賃の固まり」。「俺だったらそんな金額、出したくない」なレベルです。という事で、こちらのマイクケーブルは今のところ「販売しません」でもセルフレコーディングの時には、きっと楽チン出来るので、ワイルドフラワー・スタジオでの全てのレコーディングの際にお貸し出し致します〜♪普通の練習でも使いたい!って思いますよね。レコーディングが入ってなかったら、どうぞお試し下さい♪って事で、もう本当に疲れてます(笑)そして自分のレコーディングに悪い影響が出ています。ダメじゃん俺wwwwwNUDE CABLEの中の人が、ギター,ベースの音作りやバンドの練習方法,レコーディングなどについて綴っております♪ヌードケーブルの秘密も書いてあるかも!