【ベースアンサンブルを楽しく学ぼう】まずはシンプルな音でドラマーと遊ぼう!

Pocket

今日はいわゆる「リズム隊」が遊べるネタです。

ドラマーとベーシスト、二人で練習する際のウォーミングアップの方法をチョッとお伝えしますね。

以前はベースの先生もやってました(笑)

ルールは簡単です。

・ベーシストが使っていいのは一音のみ(例えばAとか)
・ドラマー主体で、ベーシストはドラマーに従う感じで合わせる。

はい。これだけです。
BPMやドラマーの演奏するパターンに合わせて音を出したり止めたりして下さい。

基本はバスドラムと一緒に音を出して、スネアドラムできちっと止める。
これが出来たら、ベーシストはいろいろ工夫しながら音の長さをコントロールして見ましょう。

お互いの音がきちんと見えていれば、この遊び、結構おもしろいですよ〜。

「転換が無いとすぐ飽きちゃう」
そういうご意見もよく耳にします。

そんな人は先ず、
「お互いの音がしっかり聴き取れる状態」に調整してからチャレンジしてみて下さい。

「音の長さだけでドラマーをイジる」のって、分かっちゃうと結構快感ですよ!

いつものスタジオ練習のうち、たった5分でいいので是非トライしてみてください。

あなたのバンドは、確実にスキルアップできます!

では!

——————————————————
音作り、コーチングなどのお問い合わせは
tel:080-3095-6955
wf.ikeda@gmail.com
までお問い合わせ下さい♪

http://ikeda-lovemusic.net/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。